大王の夢[1](だいおうのゆめ)は、2012年9月8日から2013年6月9日まで放送された韓国KBSのテレビドラマ。全70回。新羅第29代王・武烈王を主人公とした歴史ドラマ。

日本では、2013年10月からCSのKBSワールドにて『大王の夢 〜王たちの戦争〜』の邦題で放送。2013年11月5日から2014年2月17日までBS朝日で『大王の夢』の邦題で放送していた。

出演編集

新羅編集

新羅第29代王。キム・ヨンチュンとチョンミョンの息子。
新羅の将軍。キム・ソヒョンとマンミョンの息子。伽耶出身。
幼い頃にチュンチュと三韓統一の大志を抱き、二人三脚で統一に邁進する。大将軍(テジャングン)、上大等(サンデドゥン。現在の総理大臣)、大角干(テガッカン)、太大角干(テデガッカン)と位人臣を極めた。
新羅第30代王。キム・チュンチュの長男。
チュンチュの悲願であった三韓統一を成し遂げる。
新羅第27代王。チンピョン王の娘。
和白(ファベク)会議(有力貴族の最高会議)で女王に推戴されたが、国内ではピダムの専横に苦しみ、国外では女王ということを揶揄された。
チンピョン王の継妃。
自身の息子を大王にすべく、物語序盤でチュンチュと敵対する。
マノの夫。マンミョンの父。キム・ユシンの祖父。
上大等を長く務める。栄達・保身のためには政敵と手を組むことも多い。
文興葛文王。キム・チュンチュの父。
善徳女王の即位に功績し、上大等となる。のちに野心を抱き、高句麗と内通しそうになるも思い留まり、チュンチュに協力する。
マンミョンの夫。キム・ユシンの父。
  • 金欽純(キム・フムスン)
キム・ユシンの弟。
新羅第26代王。キム・チュンチュの外祖父。
スンマン王妃を寵愛していたが、権力欲に囚われた王妃に幽閉される。
葛文王。チンドク女王の父。チンピョン王の弟。
新羅第28代王。
鬼門(キムン)の首領。キム・ヨンチュンの異母弟。
キム・チュンチュの妻。キム・ユシンの妹。
  • 金仁問(キム・インムン)
キム・チュンチュの次男。
親唐派。百済征伐の副総管になる。が主張する『新羅王』に仕立て上げられてしまう。
  • 金三光(キム・サムグァン)
キム・ユシンの長男。
ボムミンの兄的存在。百済高句麗討伐時にはスパイの役割を担っている。
  • 金元述(キム・ウォンスル)
キム・ユシンの次男。
との戦いで敗れたことが原因になり、ユシンから勘当されてしまう。
  • 金剛(クムガン)
チュンチュに協力する貴族。のちに上大等になる。
巫女。妓女。キム・ユシンの恋人。
マンミョンの母。キム・ユシンの祖母。
キム・ユシンの母。
第14代風月主(プンウォルチュ。花郎の首長)。
鬼門の生き残り。チュンチュの身代わりになり、死亡する。
キム・ヨンチュンの妻。キム・チュンチュの母。
大耶(テヤ)城の城主。
善徳女王の即位に貢献した功績で昇進を重ね、上大等として朝廷を率いて独裁政権を作り上げる。のちに大王即位をもくろみ挙兵する。物語中盤のチュンチュの敵。
新唐派。チュンチュからは『先生』と呼ばれている。
兵部令(ピョンブリョン)。
親唐派の中心人物。物語終盤でユシン、ボムミンと激しく対立する。

百済編集

高句麗編集

編集

倭国(大和朝廷)編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集