大王貴妃 (宋)

北宋の徽宗の貴妃

貴妃王氏(きひ おうし、生没年不詳)は、北宋徽宗の貴妃。徽宗には他にも王姓の貴妃がおり、その区別のためもあって大王貴妃と呼ばれる。

生涯編集

初め欽聖皇后(徽宗の嫡母)の侍女を務め、後に端王趙佶(後の徽宗)の側室となった。端王が皇帝に即位後、初め寿昌郡君となり、美人、嬪、妃に進み、貴妃にいたった。徽宗の寵愛を受けて、多くの子供を産んだ。

靖康の変の前後の動静については記録がない。早くに薨去したか、あるいは変の際に行方知れずとなったかも不明である。

子女編集

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』