メインメニューを開く

大田原 光清(おおたわら みつきよ)は、下野大田原藩の第10代藩主。

 
大田原 光清
時代 江戸時代後期
生誕 安永5年5月1日1776年6月16日
死没 文政4年1月25日1821年2月27日
改名 孝丸(幼名)、光清
別名 応之助(通称)
諡号 石庵
戒名 円徳院殿大光清鑑大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、山城
幕府 江戸幕府
下野国大田原藩
氏族 大田原氏
父母 父:大田原庸清、母:松平長孝の娘
兄弟 光清愛清清徳
婚約者:岡部長備の娘
正室:浅野長員の娘
養子:大田原愛清

安永5年(1776年)5月1日、第9代藩主・大田原庸清の長男として生まれる。幼少の頃から和歌を好むなど、文才があったといわれる。享和2年(1802年)、父の死去により家督を継いだ。

文化9年(1812年)11月22日、弟で養子愛清に家督を譲って隠居する。文政4年(1821年)1月25日、江戸藩邸で死去した。享年46。