メインメニューを開く

大田原 典清(おおたわら のりきよ)は、下野大田原藩の第4代藩主。

 
大田原典清
時代 江戸時代前期
生誕 明暦3年(1657年
死没 元禄7年6月21日1694年8月11日
改名 織田長清(初名)→織田雄清→大田原典清
戒名 月鏡院殿真光不昧大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、備前
幕府 江戸幕府
下野大田原藩
氏族 織田氏大田原氏
父母 父:織田政時、母:織田高長の娘
養父:大田原高清、養母:牧野定成の娘
正室:大田原高清の娘
純清、娘(谷衛憑正室)、
娘(芦野資親正室)ほか3女

生涯編集

明暦3年(1657年)、織田政時大和戒重藩主・織田長政の次男)の長男として生まれる。延宝2年(1674年)7月23日に大田原藩主・大田原高清の婿養子となり御目見を果たす。

延宝3年(1675年)12月26日に従五位下・備前守に叙位・任官し、延宝5年(1677年)9月25日に養父が幕命により隠居すると、その跡を継ぐ。しかし高清に先立って元禄7年(1694年)6月21日に死去した。享年38。跡を長男の純清が継いだ。