メインメニューを開く

大田原友清

江戸時代中期の大名。下野大田原藩の第8代藩主

大田原 友清(おおたわら ともきよ)は、下野大田原藩の第8代藩主。

 
大田原 友清
時代 江戸時代中期
生誕 享保5年(1720年
死没 安永5年7月7日1776年8月20日
改名 勘蔵(幼名)、友清
戒名 見性院殿廓道本然大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、出雲守、左兵衛佐
幕府 江戸幕府
下野国大田原藩
氏族 大田原氏
父母 父:大田原扶清、養母:伊田氏
正室:田村村顕の娘と婚約
継室:大村純庸の娘
寿清庸清渡辺明多田清定芦野資豫

享保5年(1720年)、第7代藩主・大田原扶清の六男として大田原で生まれる(生年は享保11年(1726年)7月21日ともいわれる)。兄・建清が早世したため、享保16年(1731年)4月11日に世子に指名される。元文5年(1740年)12月21日に従五位下・出雲守に叙任される。延享2年(1745年)、父の死去により家督を継いだ。

宝暦4年(1754年)9月から宝暦5年(1755年)9月まで駿府城加番を務めた。宝暦6年(1756年)に長男・寿清が早世したため、次男・庸清を世子とする。明和元年(1764年)8月、落度があって謹慎を命じられ、11月になって許された。

安永4年(1775年)2月8日、庸清に家督を譲って隠居する。安永5年(1776年)7月7日、江戸藩邸で死去した。享年57。