メインメニューを開く

大田原 政清(おおたわら まさきよ)は、下野大田原藩の第2代藩主。

 
大田原 政清
時代 江戸時代前期
生誕 慶長17年(1612年
死没 万治4年3月5日1661年4月4日
改名 左兵衛(幼名)、政清
戒名 智覚院殿令保堅表大居士
墓所 栃木県大田原市光真寺
官位 従五位下、備前
幕府 江戸幕府
下野国大田原藩
氏族 大田原氏
父母 父:大田原晴清、母:那須資貞の娘
正室:織田長政の娘
高清為清(次男)、織田吉清(三男)、
資世(四男)、政康(五男)、晴川(六男)、
娘(堀田一幸室)、娘(宮城和充室)、
娘(大田原政増室)、娘
テンプレートを表示

慶長17年(1612年)、初代藩主・晴清の長男として生まれる。寛永8年(1631年)、父の死去により家督を継ぐ。駿府加番に任じられ、慶安元年(1648年)12月に叙任する。後に大坂城番に任じられた。万治4年(1661年)3月5日、江戸で死去した。享年50。跡を長男・高清が継いだ。


外部リンク編集