メインメニューを開く

大田操車場

韓国・大田広域市にある、韓国鉄道公社(KORAIL)の操車場

大田操車場(テジョンそうしゃじょう)または大田操車場駅(テジョンそうしゃじょうえき、テジョンジョチャジャンえき)は大韓民国大田広域市大徳区邑内洞にある、韓国鉄道公社(KORAIL)の操車場

大田操車場
駅舎(2013年9月1日)
駅舎(2013年9月1日)
대전조차장
テジョンジョチャジャン
Daejeonjochajang
所在地 大韓民国の旗大田広域市大徳区アリラン路 178(邑内洞 426)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL) 
駅種別 グループ代表駅(操車場
駅等級 2級
開業年月日 1978年1月10日 
乗入路線 2 路線
所属路線 京釜線 
キロ程 161.6km(ソウル起点)
懐徳 (4.1km)
(4.7km) 大田
所属路線 湖南線 
キロ程 0.0km(大田操車場起点)
(5.7km) 西大田
大田操車場
各種表記
ハングル 대전조차장/대전조차장역
漢字 大田操車場/大田操車場驛
片仮名
(現地語読み仮名)
テジョンジョチャジャン
テジョンジョチャジャンニョク
英語 Daejeonjochajang Station
テンプレートを表示

京釜線湖南線の分岐点であるほか、湖南線から京釜高速線への連絡線(西大田経由のKTXが通過)がある。湖南線は正式には当操車場が起点であるが、旅客列車は停車せず京釜線に直通する。

2015年8月1日の京釜高速線3期区間開業により、京釜高速線の大田操車場は戸籍上削除されたが、湖南線への分岐は現在も同一地点にある。

構造編集

操車場のため旅客用ホームは存在しない。

駅周辺編集

歴史編集

  • 1978年1月10日 - 開業。当時の大田線と同時に開業した。
  • 1993年8月7日 - 大田エキスポ開幕に応じて構内にエキスポ駅(朝鮮語:엑스포역)を設置し、旅客営業開始。
  • 1993年11月8日 - 大田エキスポ閉幕(11月7日)により、エキスポ駅を廃止し旅客営業中止。
  • 2002年 - 大田駅構内にあった大田車両事務所を移動。
  • 2004年4月1日 - 西大田 - 当操車場間が大田線から湖南線に線名変更。京釜線と湖南線の分岐点となる。大田線は西大田 - 大田(旧・湖南線)の線名となる。

隣の駅編集

韓国鉄道公社 
京釜本線(全列車通過)
懐徳駅 - 大田操車場 - 大田駅
湖南本線(全列車通過)
大田操車場 - 西大田駅

関連項目編集

外部リンク編集