大畑駅(おおはたえき)は、かつて青森県下北郡大畑町大畑庚申堂(現・むつ市大畑町庚申堂[1])に存在した下北交通大畑線の駅。

大畑駅
Shimokita Koutu Ohata Station.jpg
大畑線廃止前の駅舎(2000年8月)
おおはた
ŌHATA
正津川 (2.5km)
所在地 青森県下北郡大畑町大畑庚申堂60
所属事業者 下北交通
所属路線 大畑線
キロ程 18.0km(下北起点)
電報略号 ヲホ(1950年)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1939年(昭和14年)12月6日
廃止年月日 2001年(平成13年)4月1日
備考 有人駅車両基地設置)
テンプレートを表示
大畑駅に停車するキハ85(1996年8月)

大畑線の廃止により2001年(平成13年)4月1日廃駅となった。大畑線の終着駅であり、本州最北の駅[※ 1]であった。駅舎は鉄道廃止後、同社の「大畑出張所」として使われている。

歴史編集

駅構造編集

  • 片面1面1線。その他、引き込み線と留置線(2線)、車庫(保守基地)があった。
  • 駅舎は下北交通鉄道部とバス部門の大畑出張所が一緒になっていた。なお、バス出札窓口と鉄道出札窓口は別々に設置されていた。その他、売店があった。

廃止後(大畑出張所)編集

廃止後もバス部門の大畑出張所が残り、バス待合所及びバス出札窓口が使用されている。鉄道廃止後しばらくは売店も営業を継続していたが、のちに閉店し跡地がそのまま残っている。

バス出札窓口は9時00分〜11時50分、12時30分〜16時50分の営業で、水・土曜が定休日となっている。窓口営業時間内に限り、案内放送を行っている。バス乗務員の出退勤点呼などの労務管理も行っているため、出張所社員(運行管理者)は毎日常駐する。

バス停は「大畑駅」のまま名称を変更せずそのまま利用されており、大間佐井方面、むつバスターミナル下北駅方面等のバスが発着している[2]。また、奥薬研方面のデマンドタクシーも発着する[3]

車両の動態保存編集

ホームや構内の線路、車庫は廃止後も残されており、大畑線で使用されていたキハ85形気動車(旧 国鉄キハ22形)の動態保存に活用されている。毎年4月から11月までの第3日曜日、日本航空(旧 日本エアシステム)のパイロットたちで結成された鉄道愛好会「NPO法人 GEMBU:大畑線キハ85動態保存会[4]」が、点検を兼ねてキハ85形の運転会を行っている[5]

ギャラリー編集

隣の駅編集

下北交通
大畑線
正津川駅 - 大畑駅

脚注編集

註釈編集

  1. ^ 現在の本州最北の駅は下北駅

出典編集

  1. ^ ご案内”. 大畑線キハ85動態保存会. 2020年1月2日閲覧。
  2. ^ 恐山バス乗り場、佐井バス乗り場、大畑駅バス乗り場”. 下北交通. 2020年1月2日閲覧。
  3. ^ 大畑~奥薬研「デマンド型乗合タクシー」”. むつ市. 2020年1月2日閲覧。
  4. ^ 大畑線キハ85動態保存会 - 公式ホームページ
  5. ^ “鉄道愛好家が守る大畑線 保存会、手弁当で9年”. 朝日新聞デジタル. (2010年9月20日). http://www.asahi.com/airtravel/TKY201009190291.html 2020年1月2日閲覧。 

関連項目編集

  • 大間線 - 当駅と大間町方面を結ぶ予定であった路線(未成線)。
  • 下北駅 - 現在の本州最北端駅

外部リンク編集