メインメニューを開く

大相撲令和元年5月場所(おおずもうれいわがんねんごがつばしょ)は、2019年(令和元年)5月12日から5月26日までの15日間、東京都墨田区国技館(両国国技館)で開催された大相撲本場所である。

大相撲令和元年5月場所
国技館
基本情報
会場 国技館(両国国技館)
番付発表 2019年4月30日
開催期間 2019年5月12日5月26日(15日間)
各段優勝・三賞
幕内最高優勝 朝乃山英樹(12勝3敗・初優勝)
十両優勝 貴源治賢(13勝2敗)
幕下優勝 貴ノ富士三造(7戦全勝)
三段目優勝 白石雅仁(7戦全勝※優勝決定戦勝利)
序二段優勝 栃神山龍一(7戦全勝※優勝決定戦勝利)
序ノ口優勝 川渕一誠(7戦全勝)
殊勲賞 朝乃山英樹(12勝3敗・初受賞)
敢闘賞 阿炎政虎(10勝5敗・8場所ぶり2回目)
朝乃山英樹(12勝3敗・5場所ぶり3回目)
志摩ノ海航洋(10勝5敗・初受賞)
技能賞 竜電剛至(10勝5敗・初受賞)
 < 先場所  翌場所 >
テンプレートを表示

年号が令和に変わって初めての本場所である。

優勝争い編集

先場所全勝優勝を飾った横綱・白鵬先場所(春場所)千秋楽の横綱・鶴竜戦で右上腕二頭筋を断裂し、調整の遅れもあって全休[1]、鶴竜の一人横綱となった。

前半戦は鶴竜と、大関復帰を目指す関脇・栃ノ心が共に7連勝するが、中日に鶴竜は先々場所優勝の玉鷲に押し出されて令和初の金星を配給[2]。栃ノ心も遠藤に不覚を取り、この時点で全勝がいなくなる[3]。鶴竜・栃ノ心とも10日目まで1敗を守り、優勝争いは1敗の鶴竜・栃ノ心と平幕の朝乃山が並び、2敗で平幕の琴恵光、3敗で大関の豪栄道髙安、平幕の炎鵬が追う展開となった[4]

11日目に鶴竜・栃ノ心が共に敗れて朝乃山が単独トップに立つも、12日目は栃ノ心と朝乃山が敗れて鶴竜と朝乃山が2敗で並ぶ[5]。13日目は栃ノ心と朝乃山の直接対決が組まれ、物言いのつく微妙な一番を朝乃山が制して2敗を守った一方、鶴竜は高安に敗れて3敗目を喫する[6]

迎えた14日目、朝乃山は大関・豪栄道との一番が組まれ、さらに結びで鶴竜と栃ノ心の直接対決が組まれた。朝乃山は豪栄道を寄り切って下し2敗を守った一方、結びの一番ははたき込みで栃ノ心が10勝目を挙げ、「大関陥落翌場所の10勝」により大関復帰を決める[7]とともに、千秋楽を待たずして朝乃山の初優勝が決まった[8]

三賞は優勝した朝乃山が殊勲賞・敢闘賞のダブル受賞。前頭で10勝を挙げた力士が朝乃山以外に6人いるという大混戦の中、終盤5日間で4勝1敗とした阿炎と千秋楽までを6連勝で締めくくった志摩ノ海が敢闘賞を、やはり終盤5日間で4勝1敗とし千秋楽でも勝利した竜電が技能賞を獲得した[9]

なお、新大関の貴景勝は右膝の負傷により5日目から途中休場、無理を押して8日目に復帰するも碧山に敗れて再び休場となり、次の7月場所(名古屋場所)は角番として迎えることになった[10]

番付・星取表編集

成績 番付 西 成績
0勝0敗15休 白鵬 横綱 鶴竜 11勝4敗
9勝6敗 豪栄道 大関 髙安 9勝6敗
3勝4敗8休 貴景勝 大関
5勝7敗3休 逸ノ城 関脇 栃ノ心 10勝5敗
6勝9敗 碧山 小結 御嶽海 9勝6敗
7勝8敗 北勝富士 前頭1 琴奨菊 6勝9敗
7勝8敗 遠藤 前頭2 大栄翔 7勝8敗
6勝9敗 千代大龍 前頭3 玉鷲 10勝5敗
5勝10敗 隠岐の海 前頭4 阿炎 10勝5敗
6勝9敗 妙義龍 前頭5 竜電 10勝5敗
8勝7敗 宝富士 前頭6 嘉風 4勝11敗
10勝5敗 正代 前頭7 明生 10勝5敗
3勝5敗7休 魁聖 前頭8 朝乃山 12勝3敗
5勝10敗 錦木 前頭9 友風 8勝7敗
5勝10敗 前頭10 阿武咲 8勝7敗
8勝7敗 松鳳山 前頭11 栃煌山 6勝9敗
10勝5敗 志摩ノ海 前頭12 矢後 6勝9敗
7勝8敗 千代丸 前頭13 佐田の海 7勝8敗
4勝11敗 德勝龍 前頭14 炎鵬 7勝8敗
6勝9敗 照強 前頭15 琴恵光 8勝7敗
9勝6敗 大翔鵬 前頭16 石浦 5勝10敗
5勝10敗 千代翔馬 前頭17

脚注編集

  1. ^ “白鵬が夏場所休場 右腕のけが影響”. 朝日新聞. (2019年5月9日). https://www.asahi.com/articles/ASM575HBXM57UTQP01L.html 2019年9月23日閲覧。 
  2. ^ “玉鷲、令和最初の金星 鶴竜を押し出す”. 産経新聞. (2019年5月19日). https://www.sankei.com/sports/news/190519/spo1905190043-n1.html 2019年9月23日閲覧。 
  3. ^ “鶴竜、栃ノ心に土=再出場の貴景勝も黒星-大相撲夏場所8日目”. 時事通信. (2019年5月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051900376&g=spo 2019年9月23日閲覧。 
  4. ^ “朝乃山が来た!“令和の大器”覚醒、1敗キープ/夏場所”. サンケイスポーツ. (2019年5月22日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190505/sum19050505030003-n1.html 2019年5月23日閲覧。 
  5. ^ “朝乃山、努めて明るく=大相撲夏場所”. 時事通信. (2019年5月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052301218&g=spo 2019年9月23日閲覧。 
  6. ^ “微妙な判定や横綱失速 ドタバタ続く夏場所”. 時事通信. (2019年5月24日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052401287&g=spo 2019年9月23日閲覧。 
  7. ^ “大関復帰を決めた栃ノ心「勝てて良かった」”. 毎日新聞. (2019年5月25日). https://mainichi.jp/articles/20190525/k00/00m/050/196000c 2019年9月23日閲覧。 
  8. ^ “平幕の朝乃山が初優勝 大相撲夏場所”. 日本経済新聞. (2019年5月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45281240V20C19A5000000/ 2019年9月23日閲覧。 
  9. ^ “竜電 勝って技能賞「最高」連続2桁勝利に来月披露宴”. スポーツニッポン. (2019年5月26日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/05/27/kiji/20190526s00005000590000c.html 2019年9月23日閲覧。 
  10. ^ “貴景勝、再び休場=再出場1日で-大相撲夏場所”. 時事通信. (2019年5月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052000190&g=spo 2019年9月23日閲覧。