メインメニューを開く

大石 正彦(おおいし まさひこ、1936年1月11日 - )は、山梨県甲府市[1]出身の元プロ野球選手投手)右投げ右打ち。1960年大洋V1戦士の一人。

大石 正彦
Masahiko Oishi 1955 Scan10046.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県甲府市太田町
生年月日 (1936-01-11) 1936年1月11日(82歳)
身長
体重
169 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1954年
初出場 1954年
最終出場 1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大洋ホエールズ (1963 - 1968)

目次

来歴・人物編集

甲府商業高校時代はエースで6番打者として1952年には夏の山静大会決勝戦で矢頭高雄西村一孔がバッテリーを組んでいた都留高校と対戦し、延長21回の末2-1で敗れ、甲子園出場ならず[1]1954年に当時の洋松ロビンスに入団[1]。1年目から1軍で活躍するも、当時の大洋は万年最下位で負け数も多く、1956年には22敗を喫する。しかし1960年には先発リリーフで活躍し、大洋初優勝に貢献。日本シリーズでも好投した。当初は巨人戦に弱く、1955年から1959年にかけて17連敗を喫する。これは2018年現在でも日本プロ野球における投手の同一カード最多連敗記録である[2]。しかし1960年の大洋初優勝時には好投した。脚力があり、7盗塁を記録している。三原監督時代には代走でも起用された。1961年のオフにアキレス腱を切断し、1962年に引退[1]。翌年から1968年まで大洋のコーチを歴任する[1]。退団後は帰郷し、スポーツ用品店を経営する傍ら、少年野球の指導を行った[1]。弟の大石勝彦も同じように甲府商業から大洋ホエールズに入団した元プロ野球選手[1]。 球種はカーブ、スライダー、シュート。

通算100敗以上している投手の中で、通算62勝に終わっており、これは小林経旺(46勝110敗)に次いで2番目に少ない勝ち数である[3]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1954 洋松
大洋
33 24 10 0 1 5 16 -- -- .238 813 190.0 201 12 57 -- 7 82 1 1 98 80 3.79 1.36
1955 38 25 4 0 1 8 16 -- -- .333 869 204.1 224 16 47 3 5 99 2 1 100 80 3.51 1.33
1956 41 27 16 2 2 9 22 -- -- .290 1058 258.1 232 17 54 6 12 112 0 1 92 78 2.71 1.11
1957 40 29 10 2 3 12 11 -- -- .522 921 234.2 196 21 41 1 3 121 0 0 79 69 2.64 1.01
1958 50 28 6 0 2 11 14 -- -- .440 1063 264.0 229 20 59 7 3 141 2 0 89 77 2.63 1.09
1959 40 24 5 0 2 6 16 -- -- .273 735 171.0 192 15 47 0 2 84 1 1 92 76 4.00 1.40
1960 51 13 2 1 0 9 9 -- -- .500 595 153.0 121 8 24 4 2 82 3 1 41 34 2.00 0.95
1961 22 1 0 0 0 1 2 -- -- .333 170 37.1 49 7 14 1 0 16 1 0 23 22 5.21 1.69
1962 11 1 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 50 12.1 10 0 6 1 1 6 0 0 3 2 1.38 1.30
通算:9年 326 172 53 5 11 62 106 -- -- .369 6274 1525.0 1454 116 349 23 35 743 10 5 617 518 3.06 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 洋松(大洋松竹ロビンス )は、1955年に大洋(大洋ホエールズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 45 (1954年)
  • 14 (1955年 - 1962年)
  • 31 (1963年 - 1968年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、96ページ
  2. ^ 西武菊池雄星 55年ぶり同一カードで13連敗”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2018年8月25日). 2018年8月25日閲覧。
  3. ^ 通算100勝未満100敗以上(投手記録集、2006年終了時点)