メインメニューを開く

信濃大石氏編集

大石氏
 
いちょうのふたば
銀杏の二葉
本姓 清和源氏義仲流
藤原北家秀郷流?
種別 武家
士族
出身地 信濃国佐久郡大石郷[1]
主な根拠地 信濃国佐久郡大石郷
凡例 / Category:日本の氏族

出自編集

氏族関東管領上杉氏のもと、四宿老(長尾氏・大石氏・小幡氏白倉氏)の一人に数えられ[2]、代々武蔵国守護代を務めた。

藤原秀郷の後裔(沼田氏と同族とされる)といい、信濃国佐久郡大石郷に住んでいたことから、大石氏を名乗ったといわれる。

また、これらとは別に平安時代初期編纂の『新撰姓氏録』に記される古代氏族にも大石氏はあるが詳しいことは定かではない。

関東管領の宿老編集

室町時代初期、大石為重は初代関東管領の上杉憲顕に仕えた。彼には男子がなく、1334年正慶3年)に、縁戚関係にある木曾義仲の後裔と称した大石信重木曽家教の三男、家村の弟)を婿養子として迎え、実際の藤姓木曾氏庶家となったという。

信重は観応2年(1351年)、挙兵した南朝方の新田義宗との笛吹峠の合戦で先陣を勤めた。その戦功として、1356年延文元年)武蔵国入間多摩の両郡に13郷を得て多摩に移住し、二宮(現・あきる野市)に館を構えた。また、「武蔵国目代職」にも任じられた。1384年至徳元年)、信重は浄福寺城(現・八王子市下恩方町)を築城した。応永年間には叔父(養叔父)の大石能重(為重の弟)が武蔵上野伊豆各国守護上杉能憲に仕えて守護代を務めた。

1458年長禄2年)、大石顕重(信重の玄孫)が高月城(現・八王子市高月町)を築城し、二宮から本拠を移した。

15世紀末期頃の禅僧万里集九の著作、漢詩文集『梅花無尽蔵』巻六の「万秀斎詩序」に、武蔵国守護の家臣に、木曾義仲十代の子孫・大石定重がおり、武蔵国20余郡を掌握しているとの記述がある。1521年大永元年)、定重は高月城の北東1.5kmに滝山城(現・八王子市丹木町)を築城し本拠を移転した。

上杉家と共に編集

1546年天文15年)、関東に進出した北条氏康河越夜戦で大勝する。その結果、扇谷上杉氏は滅亡し、関東管領山内上杉氏関東から追われ、越後国長尾景虎を頼る。

大石綱元は、上杉憲政に従い越後国に入り、その後は長尾氏(上杉氏)家臣となる。上杉景勝が会津120万石に移封されると保原城を任される。大石氏は代々上杉家の要職を務め、子孫には米沢藩で名奉行と言われた大石綱豊などがいる。

北条から徳川へ編集

後北条氏により両上杉氏が関東から消滅すると、大石定久北条氏康の三男・氏照を娘・比佐の婿に迎えて、自らは戸倉に隠居した。氏照が北条氏に復すると、定久の実子大石定仲が家督を継いだ。

小田原征伐により後北条氏が没落し、氏規河内狭山に移されると[3]定仲と義弟(定久の養子)大石定勝の子孫は徳川氏に仕えた。旗本や八王子千人同心、陪臣(一橋家の近習番衆[4])になった者もあり明治に至る。 領地支配を守護上杉氏に頼りすぎた大石氏はほかの守護代のように領域支配に失敗し、戦国大名への脱却をできなかったといえる。

系譜編集

義仲流・信濃藤原姓(大石系図による)編集

 木曾義仲
  ┃
  基宗?(木曽系図では「義基」)
  ┃
  宗仲(木曽系図では「義茂」)
  ┃
(数代略)以下は木曽系図とほぼ同様
  ┃
  家教          大石為重信濃藤原氏?)
  ┣━━┳━━┳━━┓┌───┘
  家道 家村  家定 信重
  ┃┌───┘   ┃
  家頼      (数代略)
           ┃
           定重
           ┃
      北条氏康 定久
      ┃┌───┃
      氏照   定仲

米沢藩編集

大石氏(陸奥国伊達郡代、保原城主、奉行など) 大石綱元-兼扶-兼徳-兼高-兼般=兼豊(長尾景貞三男)-尚綱綱豊=徳綱(森長延次男)=維綱(清野秀貞次男)-紀綱

柳川大石氏(大石神影流)編集

筑後国柳川藩の大石氏は代々、剣術を以って仕える。大石種行は柳川藩と支藩である三池藩の剣術師範役も兼ねた。

「突き」を得意とする大石種次(大石進)は大石神影流の創始者で、男谷信友島田虎之助と並ぶ「天保の三剣豪」の一人。7といわれる長身に加え、5尺3の長竹刀を使用しての左片手突きは天下無双の技ともいわれた。 江戸へ出府して千葉周作高柳又四郎白井亨らと技を戦わせた。種次の次男(嗣子)種昌も通称を譲られて大石進を称したため、両者の混同がよく見られる。

赤穂大石氏編集

近江国栗太郡大石庄(滋賀県大津市大石東町・大石中町)の下司だった大石氏は応仁の乱などで没落したが、大石良信豊臣秀次に仕えた。良信の庶子大石良勝は秀次事件の処罰で、強制的に仏門に入れられたが、寺を脱走し浪人となった後は浅野長政に仕えた。大坂夏の陣での戦功が著しかったため、長政の三男・長重(長矩の曽祖父で常陸国真壁・笠間藩主)の永代家老に取り立てられる。

長重の長男・長直は播磨国赤穂に転封されたので、大石家も赤穂に移ることになる。のちに元禄赤穂事件の赤穂藩国家老・大石良雄を出す。

事件後、良雄の遺児である良恭広島藩浅野本家に仕えた。小山家から養子良尚を迎えたが、後継者となった男子(良完)とその嫡男が先立ち、良尚も病んで大石家を去り、実家の小山家に帰って没した。これにより大石家は断絶となったが[5]、のちに横田家が大石を名乗り再興したという。

脚注編集

  1. ^ 南佐久郡幕府領(中之条代官所八郡村大石、長野県畑八村大石、八千穂村~05: 佐久穂町大字八郡大石大石川が流れる。千代里の小字に大石川がある
  2. ^ 『講談社日本人名大辞典』(講談社、2001年)
  3. ^ 長曾我部氏と同様、秀吉は後北条氏にも一国のみ(伯耆国、氏直の死後は河内国)安堵の予定だったともされる。
  4. ^ 大石守親大石守仲はこの家系と称する。
  5. ^ 大石良恭には実子が何人もおり、当時も大石良雄の血を引く者がいたにも拘らず、大石家の家督は継げなかった。神沢杜口三田村鳶魚が理由を諸説挙げているが、真相は不明である。

関連項目編集