メインメニューを開く

大石王(おおいしおう、生没年不詳)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての皇族官位正四位下摂津大夫

目次

経歴編集

文武天皇3年(699年)7月に弓削皇子が没した際に、路大人とともに葬儀を監護した[1]。また、同年10月には粟田真人とともに山科山陵天智天皇陵)に派遣されて山陵の修造を行っている(この時の冠位は浄広肆)[2]大宝元年(701年大宝律令による位階制が制定されると従五位上に叙せられ、大宝3年(703年河内守に任ぜられる。

元明朝に入ると、和銅元年(708年弾正尹、和銅6年(713年従四位下摂津大夫に叙任される。その後も長く朝廷に仕え、元正朝の養老7年(723年)従四位上、聖武朝の天平11年(739年)には正四位下に至っている。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』文武天皇3年7月21日条
  2. ^ 『続日本紀』文武天皇3年10月20日条

参考文献編集