大神山神社(おおがみやまじんじゃ)は、鳥取県にある神社である。式内社伯耆国二宮で、旧社格国幣小社伯耆大山山麓(米子市)の本社と山腹(西伯郡大山町)の奥宮とがある。

大神山神社
Ogamiyamajinja Okunomiya 08.jpg
奥宮本社(国の重要文化財)
所在地 (本社)鳥取県米子市尾高1025
(奥宮)鳥取県西伯郡大山町大山
位置 (本社)
北緯35度25分03秒 東経133度24分22秒 / 北緯35.41750度 東経133.40611度 / 35.41750; 133.40611
(奥宮)
北緯35度23分19秒 東経133度32分19秒 / 北緯35.38861度 東経133.53861度 / 35.38861; 133.53861
主祭神 大己貴命
社格 式内社(小)
伯耆国二宮
国幣小社
別表神社
本殿の様式 (奥宮)権現造
札所等 出雲國神仏霊場9番
例祭 (本社)10月9日
(奥宮)9月24日
主な神事 神水汲取神事
テンプレートを表示

祭神編集

  • 大穴牟遅神 - 本社
  • 大己貴命 - 奥宮

どちらも大国主神の別名である。

歴史編集

当社の奥宮は、大山に登った修験者が、海抜900mほどの場所に簡易な遥拝所を設置したのが起源とされている[1]。伯耆大山は、平安時代には修験道場として著名な山となっていたが、積雪により祭事に支障が生じるため、麓に冬宮を設置し、冬期はそこで祭事を行うようになった[1]。これにより、現在の「奥宮」は「夏宮」と呼ばれるようになった[1]

大山は神体山として、大己貴命が鎮まるとされたが、神仏習合が広まると、当社は智明権現と称し、地蔵菩薩を本地仏とするようになった[1]。その後、三院にして百八十坊の規模となり、三千人の僧兵を擁するようになった[1]

『勝見名跡誌』には伯耆大山の智明大権現と因幡鷲峰山の鷲岸大明神が仲が悪く戦をしたとの伝承が載っている。元弘3年(1333年)、隠岐を脱出した後醍醐天皇が当社で鎌倉幕府打倒の祈願を行った。

明治8年(1875年)、神仏分離によって大山寺を廃し(大山寺は後に再興)、冬宮を本社とし、山腹の智明権現の仏塔を廃し、地蔵菩薩を除いて、奥宮とした[1]

文化財編集

重要文化財編集

  • 大神山神社奥宮 2棟
    • 本殿・幣殿・拝殿(1棟)
    • 末社下山神社本殿・幣殿・拝殿(1棟)
  • 短刀 銘備州長船住兼光(附:金熨斗付合口拵)

登録有形文化財編集

  • 石の大鳥居[2]

県指定有形文化財編集

  • 奥宮神門[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 「第九番 大神山神社」(出雲國神仏霊場公式ホームページ)
  2. ^ とっとり文化財ナビ
  3. ^ とっとり文化財ナビ

関連図書編集

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、15頁
  • 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、67頁

外部リンク編集