メインメニューを開く

大竹 十郎(おおたけ じゅうろう、1888年明治21年)7月28日[1] - 1979年昭和54年)8月4日[2])は、日本の内務官僚朝鮮総督府官僚。静岡県福田町長

経歴編集

静岡県磐田郡福田町(現在の磐田市)に鈴木治平の五男として生まれ、大竹清一郎の養子となった[1][3]1914年大正3年)に高等文官試験に合格し、翌年に東京帝国大学法科大学政治科を卒業した[4]文部属、同普通学務局勤務を経て[1]山口県都濃郡長、同理事官福島県理事官、神奈川県理事官、同学務部長、佐賀県警察部長宮崎県警察部長三重県警察部長岡山県警察部長福岡県警察部長大阪府警察部長警視庁警務部長を歴任した[4]。その後、朝鮮総督府に転じ、慶尚北道内務部長、警務局保安課長、平安北道知事を歴任し、1936年(昭和11年)に内務局長に就任し、中枢院書記官長も兼ねた[3]

1941年(昭和16年)に退官した後は、朝鮮奨学会理事長となった[4]

戦後は福田町長に選出された[5]

脚注編集

  1. ^ a b c 輓近大日本拓殖史 1934.
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1979年8月5日朝刊、23頁。
  3. ^ a b 日本官界名鑑 1940.
  4. ^ a b c 人事興信録 1941.
  5. ^ 第19回国会 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第4号 (PDF)”. 参議院. 2016年11月2日閲覧。

参考文献編集

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 『輓近大日本拓殖史』日本行政学会、1934年。
  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十五年版』日本官界情報社、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(上)』人事興信所、1941年。