メインメニューを開く

大竹 正博(おおたけ まさひろ、1969年12月30日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 所属の調教師美浦トレーニングセンター)、元調教助手、元厩務員麻布大学獣医学部卒業。東京都出身。旧姓・大崎 正博(おおさき まさひろ)。

大竹正博
(大崎正博)
Masahiro-Otake20110321.jpg
2011年フィリーズレビュー表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1969-12-30) 1969年12月30日(49歳)
所属団体 JRA
初免許年 2008年(2009年開業)
経歴
所属 鈴木清/厩務員→調教厩務員(1997.7 - 1998.2)
高橋祥泰/調教厩務員(1998.3 - 1998.5)
鈴木伸尋/調教厩務員(1998.5)
萩原清/調教助手(1998.6 - 開業)
美浦T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

経歴編集

大竹の父は中央競馬の元騎手大崎昭一である。1985年に大崎は八百長を行ったという疑いをかけられ、無期限の騎乗停止処分を受けた。最終的に八百長行為は認められないという結論が下され騎乗停止処分は解除されたものの、騒動の影響で栗東の一部の厩舎をのぞきほとんどの厩舎から騎乗依頼が来なくなるなど大崎の騎手生活は大きく狂わされることとなった(新潟事件)。事件の影響から大竹は競馬によい印象を抱いておらず、当初は獣医師を志していたが、1992年に大崎がレッツゴーターキンに騎乗して天皇賞(秋)を優勝したことをきっかけに中央競馬で働くことを考えるようになった[1]

麻布大学獣医学部を卒業後、北海道の牧場での勤務を経て競馬学校の厩務員課程に合格。1997年に中央競馬の調教助手となった。大竹は中央競馬の調教師になることが父の敵をとることになると考えており、当初から調教師になることを志していた[2]2008年に調教師免許を取得し、2009年美浦トレーニングセンターに厩舎を開業した。

なお、調教師試験受験時に過去の経緯もあり、父・昭一と話し合いの末、お互い疎遠にすることにしたという。姓は結婚を機に夫人方の姓を名乗ることになった。

エピソード編集

大竹に初勝利をもたらした競走馬アンヴェイルは橋口弘次郎厩舎からの移籍馬である。橋口は新潟事件後大崎を積極的に起用した調教師として知られ、その縁でアンヴェイルの移籍が実現した[3]

萩原清厩舎で調教助手をしていたときにのちにダービー馬となるロジユニヴァースの調教などに携わっている。ロジユニヴァースが栗東留学をする際には大竹がロジユニヴァースに同行をした。

また、ロジユニヴァースの馬主である久米田正明は長い競馬歴の中でも印象に残っている馬に、大竹の父である大崎昭一が初のG1勝利を手にした馬で、「新聞の読める馬」として知られているカブトシローを挙げている。その縁もあり開業間もない大竹厩舎に久米田の期待馬が預けられている。

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2009年3月8日 2回中山4日8R 4歳上500万下 アンヴェイル 16頭 5 2着
初勝利 2009年4月4日 3回中山3日8R 4歳上500万下 アンヴェイル 11頭 1 1着
重賞初出走 2010年1月11日 1回中山4日11R フェアリーS ロジフェローズ 16頭 5 6着
重賞初勝利 2011年3月21日 1回阪神5日11R フィリーズレビュー フレンチカクタス 16頭 3 1着
GI初出走 2011年4月10日 2回阪神6日11R 桜花賞 フレンチカクタス 18頭 7 9着
GI初勝利 2018年12月23日 5回中山8日11R 有馬記念 ブラストワンピース 16頭 3 1着

主な管理馬編集

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

厩舎所属者編集

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集