メインメニューを開く

大緑仁吉(おおみどりにきち、1880年1月3日-1954年7月19日)は、現在の福井県福井市出身の大相撲力士。高砂部屋所属。8代大山。本名は帰山仁吉。179cm、94kg。最高位は東前頭3枚目。

目次

経歴編集

1901年1月初土俵、1907年1月十両昇進。1908年1月、6勝2分2休で、現在なら十両優勝にあたる成績をあげ、翌5月場所で新入幕。3場所連続の好成績で3枚目まで躍進するが、以後は下降線を辿り、十両に陥落。1912年5月に引退して大山を襲名した。1938年5月に廃業し、瀬戸物業を営んだ。

成績編集

  • 幕内7場所24勝22敗10休14分預

改名編集

改名歴なし [1][2]

出典 編集

  1. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3591&l=j
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、ISBN 978-4764104709