メインメニューを開く

大臣病(だいじんびょう)とは、日本の政界用語であり、与党国会議員国務大臣のポストに執着すること[1]

概要編集

今日の日本の議院内閣制における国務大臣は、各種許認可や補助金交付等の強大な権限を持つ。政治家にとって大臣の職は権威の象徴であり、特に重要な省庁(旧大蔵省など)の所管大臣として就任すれば、議員自身の政界における重みも増し、政治資金の調達などに大きな転換期となることもあり得る。逆に、本来大臣になっていていいはずのキャリアで大臣になれないでいることは、周囲から鼎の軽重を問われることにもなる。またごく一部の時期を除き自由民主党が衆参ともに多数派を占めてきたとは言え大多数は総理・総裁はおろか派閥領袖にもなれなかった自民党議員たちにとっては、政治家生活のなかで大臣ポストを経験することが、おおむね議員引退後に受ける叙勲において三権の長経験者以外の在職年数の長い(もしくは国務大臣を経験した)国会議員が受章対象となる勲一等旭日大綬章旭日大綬章)の受章とともに一つのステータス、しいては死後においても選挙区内で「地元の功労者」として名前が残るバロメータとして国務大臣就任を志向する自民党議員は多い。

戦後において、常に選挙のたびに落選の危機感にさいなまれる非自民党系議員とは異なり、「ジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)」の3つのバン(三バン)に守られ選挙も楽勝で当選回数を重ねる自民党系議員は昭和・平成・令和問わず相当数おり、国務大臣就任を志向する議員も数多い。

こうしたことから1955年保守合同によって誕生した自由民主党長期政権下の組閣内閣改造では、大臣の選任は概ね各派閥間の均衡を目的としたいわゆる「派閥の論理」で行われた[1]。その結果、大臣在任期間を1年程度として内閣改造によって大臣を頻繁に代えることが常態化し、長期に渡って政策に取り組むことが困難な大臣に代わって官僚が実権を握ることになった。

佐藤内閣までは能力が今一つと判断されれば大臣になれないまま引退する自民党国会議員が少なからずいたが、田中角栄内閣以降は自民党国会議員が当選回数を重ねれば大臣にほぼ就任できるシステムが確立されることになった[2]。当選回数が衆議院議員で5回、参議院議員で3回以上が大臣の資格の条件(大臣適齢期・入閣適齢期)とされ、大臣に就任していない自民党国会議員は「大臣待望組」「入閣待望組」「大臣待機組」「入閣待機組」と呼ばれた。大臣病対策の大臣ポストとしては歴代首相があまり重視せず権限が少ない伴食大臣(科学技術庁長官行政管理庁長官環境庁長官北海道開発庁長官沖縄開発庁長官国土庁長官など)に充てられることが多かった。

しかし、1994年以降の政治改革によって、首相権限強化と派閥影響力停滞によって序列によらない閣僚の抜擢採用(俗にサプライズ人事と言われるもの)が多くなり、自民党の場合は下野していた野党時代(1993年-1994年、2009年-2012年)があったため、必ずしもこの条件に当てはまれば大臣になれるというものではない。事実、2019年9月時点の自民党国会議員のうち、上記の条件から更に当選回数を重ねた衆議院当選6回以上の未入閣議員は20人、参議院当選4回以上の未入閣議員も4人おり、これに上記条件に当てはまる衆院5回、参院3回の議員を加えた総数は60人にのぼる。

しかしながら、2014年の第2次安倍改造内閣発足前後には、これらの議員をかつてのように「入閣待望組」とマスメディアが呼称しており、文字通り入閣を待望する議員も存在するとされる[3]

現職の自由民主党国会議員の当選回数別大臣就任人数編集

衆議院議員

(当選9-10回、12回以上の政治家は全員大臣経験がある、参議院議員経験者には「議員名(参○回)」)

当選回数 大臣経験者 大臣未経験者
11 2名
1986年初当選
石破茂
村上誠一郎
1名
1986年初当選
逢沢一郎
8 20名
1990年初当選
岩屋毅
原田義昭
1993年初当選
遠藤利明
高市早苗
佐藤勉
塩崎恭久(参1期)
根本匠
山本幸三
1996年初当選
伊藤達也
今村雅弘
小此木八郎
河野太郎
下村博文
菅義偉
竹本直一
棚橋泰文
田中和徳
田村憲久
望月義夫
1998年初当選
宮腰光寛
3名
1986年初当選
三原朝彦
1993 年初当選
山本拓
1996年初当選
平沢勝栄
7 20名
1996年初当選
江渡聡徳
河井克行
桜田義孝
新藤義孝
松本純
渡辺博道
1997年初当選
小野寺五典
2000年初当選
江崎鐵磨
小渕優子
梶山弘志
北村誠吾
高木毅
竹下亘
馳浩(参1期)
平井卓也
福井照
松野博一
松本剛明
吉野正芳
2002年初当選
石田真敏
4名
1996年初当選
土屋品子
山口泰明
2000年初当選
金子恭之
後藤田正純
6 10名
2000年初当選
上川陽子
松島みどり
吉川貴盛
2003年初当選
江藤拓
加藤勝信
菅原一秀
武田良太
西村康稔
2004年初当選
柴山昌彦
森山裕(参1期)
12名
2000年初当選3名
小泉龍司
後藤茂之
山口壮
2001年初当選1名
伊藤信太郎
2003年初当選7名
井上信治
坂本哲志
谷公一
谷川弥一
長島昭久
古川禎久
三ツ矢憲生
2005年初当選1名
秋葉賢也
5 2名
2003年初当選
萩生田光一
2005年初当選
稲田朋美
19名
2000年初当選1名
2004年初当選1名
2003年初当選10名
2005年初当選7名
4 3名
2009年初当選
金田勝年(参2期)
齋藤健
小泉進次郎
32名
2005年初当選29名
2006年初当選1名
2009年初当選2名
3 1名
2012年初当選
山下貴司
86名
2005年初当選1名
佐藤ゆかり(参1期)
2009年初当選1名
2012年初当選82名
秋元司(参1期)
岸信夫(参2期)
義家弘介(参1期)
2013年初当選1名
2014年初当選1名
2 なし 21名
2012年初当選6名
上野宏史(参1期)
2014年初当選13名
2016年初当選2名
1 なし 19名
2017年初当選18名
2019年初当選1名
参議院議員

(当選6回以上の政治家は全員大臣経験がある、衆議院議員経験者には「議員名(衆○回)」)

当選回数 大臣経験者 大臣未経験者
5 3名
1995年初当選
林芳正
橋本聖子
1998年初当選
世耕弘成
2名
1992年初当選
山崎正昭
1995年初当選
武見敬三
4 3名
1998年初当選
鶴保庸介
2001年初当選
有村治子
松山政司
2名
2003年初当選2名
岡田広
関口昌一
3 6名
2004年初当選
中川雅治
山谷えり子(衆1期)
山本順三
2007年初当選
森まさこ
丸川珠代
衛藤晟一(衆4期)
16名
2001年初当選2名
野上浩太郎
藤井基之
2004年初当選7名
岡田直樹
末松信介
二之湯智
野村哲郎
松村祥史
松下新平
水落敏栄
2007年初当選7名
石井準一
佐藤信秋
佐藤正久
西田昌司
古川俊治
西田昌司
山田俊男
2 3名
2010年初当選
猪口邦子(衆1期)
片山さつき(衆1期)
宮沢洋一(衆3期)
49名
2010年初当選16名
金子原二郎(衆5期)
福岡資麿(衆1期)
2012年初当選1名
2013年初当選1名
2013年初当選30名
赤池誠章(衆1期)
2014年初当選1名
1 なし 26名
2016年初当選18名
園田修光(衆1期)
山田宏(衆2期)
2019年初当選8名
三浦靖(衆1期)

参考文献編集

  • 政権構想研究会『平成28年入閣待望組便覧』政権構想研究会、2015年、第1版。ISBN 9784907529697

脚注編集

  1. ^ a b 塩田潮「まるわかり政治語事典」(平凡社)P29
  2. ^ 安倍首相は、毒にも薬にもならない改造をすべきでない 産経新聞 2014年8月31日
  3. ^ 入閣待望組に焦りの色…適齢期多数、女性枠増か YOMIURI ONLINE 2014年08月31日 09時48分

関連項目編集