メインメニューを開く

大舘 晴光(おおだち はるみつ、生年不詳 - 永禄8年4月28日1565年6月6日))は、戦国時代武将室町幕府幕臣大舘尚氏(常興)の子。

家の慣例により、室町幕府第12代将軍足利義晴より偏諱を受け、晴光と名乗る。のちに、弟の藤安(ふじやす)と嫡男の輝光[1](てるみつ)も第13代将軍足利義輝(初め義藤、義晴の子)から偏諱の授与を受けている。

大舘氏(「大館」とも表記する)は足利氏と同族の新田氏支族であり、代々室町幕府の重職を務めてきた家柄で、父は有職故実の専門家として知られていた。また、姉(または妹)が将軍足利義晴の側室であった事から足利将軍家の覚えもめでたく、永禄2年(1559年)には従四位下に叙せられ、左衛門佐上総陸奥守などを歴任した。

将軍義輝が最も重要視していた越後の長尾景虎(上杉謙信)との交渉の責任者であり、永禄2年(1559年)に景虎が上洛した際には接待役に任じられている。また、成功はしなかったものの、義輝の命により景虎と北条氏康との和睦交渉の仲介役にあたった。また、永禄6年(1563年)6月最上義守義光父子が上洛した際も申次を務めている[2]

晴光の死の直後に永禄の変が発生し、晴光の後を継いだ筈の嫡男の輝光は足利義栄に仕えたことが確認できるもの[3]の、その後の消息は不明である。そのため、織田信長に奉じられた足利義昭が将軍になると輝光ら大舘一族の多くが追放されてそのまま没落したとみられている[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 十郎
  2. ^ 『言継卿記. 第三』pp.353-354。永禄6年6月14日条。
  3. ^ 木下昌規 「永禄の政変後の足利義栄と将軍直臣団」『戦国期足利将軍家の権力構造』 岩田書院、2014年。ISBN 978-4-87294-875-2。(初出:天野忠幸 他編 『論文集二 戦国・織豊期の西国社会』 日本史史料研究会、2012年。)
  4. ^ 木下聡「室町幕府奉公衆の成立と変遷」『室町幕府の外様衆と奉公衆』(同成社、2018年) ISBN 978-4-88621-790-5) P151.

参考文献編集

  • 国立国会図書館デジタルコレクション 国書刊行会『言継卿記. 第三』1914-1915