メインメニューを開く
大般若長光

大般若長光(だいはんにゃながみつ)は、鎌倉時代の備前国岡山県)の刀工・長光作の太刀国宝に指定されている。

国宝指定名称は「太刀 銘長光(大般若長光)(たち めいながみつ(だいはんにゃながみつ)」。

概要編集

備前長船派(おさふねは)の刀工、長光の代表作として古来名高い太刀である。室町時代に他に類をみない六百貫という代付(だいづけ)がなされたために、大般若経(だいはんにゃきょう)六百巻に引き合わせて、この優雅な名前がついた。

伝来編集

足利将軍家の第13代将軍足利義輝から重臣三好長慶に下賜され、やがて織田信長の手に渡る。姉川の戦いの功により信長から授けられた徳川家康は、長篠の戦いの戦功として奥平信昌に与えた。その後は、信昌の末子で家康の養子にもなった松平忠明が所持し、そのまま忠明の家系(武蔵国忍藩(おしはん))が所蔵したまま、明治年間を迎えた。

大正年間には、同家から売り立てに出されたものを愛刀家として知られる伊東巳代治伯爵が買い受けて愛蔵した。関東大震災の際には保管されていた蔵が倒壊し、瓦礫の下敷きとなって刀身が曲がるという被害を受けたが修復され、以後も伊東伯爵家によって所蔵された。

伊東伯爵の死後、1939年(昭和14年)に旧帝室博物館(現東京国立博物館)に買い上げられることとなり、その際に提示された買上価格、6万円(「当時の1円=2018年現在の2千円」で換算すると、1億2千万円)は話題となった。1941年(昭和16年)、遺族からに正式に帝室博物館に譲渡された。戦後も引き続き東京国立博物館で所蔵されている。

作風編集

刃長73.6cm、反り2.9cm。造り込みは鎬造(しのぎづくり)、庵棟(いおりむね)。刀姿は腰反り高く、切先は中切先(ちゅうぎっさき)詰まり猪首(いくび)となる。地鉄(じがね)は小板目肌が約(つ)み、地沸(じにえ)細かにつき、乱映り(みだれうつり)が立つ。刃文は高低のある丁子乱を主体に大丁子、互の目(ぐのめ)まじり、足・葉(よう)よく入り、ところどころ金筋(きんすじ)入り、総体に匂口冴える。帽子は乱れ込んで先は小丸に返る。彫物は表裏に棒樋(ぼうひ)を丸止めとする。茎(なかご)は生ぶで、先をわずかに切る。鑢目(やすりめ)は勝手下り。目釘孔2つ。佩表に「長光」二字銘がある。[1]

長光は、長船派の創始者として知られる刀工・光忠の子で、現存する作刀は比較的多い。「長光」二字銘のものを初代、「左近将監」の受領銘のあるものを二代とする見方もあるが、両者を同一人の作と見なし、一代限りと見るのがほぼ定説である。大般若長光は、「長光」二字銘である。鎌倉時代から南北朝時代の太刀は、後世に寸法を縮めたもの(刀剣用語で磨上(すりあげ)という)が多いが、この太刀は制作当初の姿をよく残し、高低の差が大きく華やかな刃文が特色である。

脚注編集

  1. ^ 作風解説は以下の文献による。
    • 『ブック・オブ・ブックス 日本の美術42 甲冑と刀剣』、小学館、1976(解説は佐藤寒山)
    • 『週刊朝日百科 日本の国宝 45』、朝日新聞社、1997(解説は小笠原信夫)

刀剣用語の説明

  • 地沸 - 刃文を構成する鋼の粒子が肉眼で1粒1粒見分けられる程度に荒いものを沸(にえ)、1粒1粒見分けられず、ぼうっと霞んだように見えるものを匂(におい)と称する。沸も匂も冶金学上は同じ組織である。沸と同様のものが地の部分に見えるものを地沸と称する。
  • 映り - 地の部分に刃文とほぼ平行して影のように見えるもので、備前刀の特色であるが、他国の作刀にも見られる。
  • 足、葉 - 地と刃の境から刃縁に向かって延びる短い線状のものを足、同様のものが刃中に孤立しているものを葉という。
  • 金筋 - 刃中の沸がつらなって線状となり、光って見えるものを指す。
  • 匂口 - 地と刃の境目。これが線状に細く締まっているものを「匂口締まる」と言い、その他作風によって「匂口深い」「匂口冴える」「匂口うるむ」等と表現する。
  • 帽子 - 切先部分の刃文のことで、流派や刀工の個性が現れやすく、鑑賞、鑑定上も見所となる。

外部リンク編集