メインメニューを開く

大芝水門(おおしばすいもん)は、広島県広島市旧太田川(本川)を仕切る水門道路橋「大芝橋」として併用されている。

大芝水門
Ohshiba Bridge at Hiroshima 01.jpg
平水時 下流から
Ohshiba Sluice at Hiroshima 03.jpg
増水時 下流から
大芝水門の位置(日本内)
大芝水門
大芝水門の位置(広島県内)
大芝水門
大芝水門の位置(広島市旧市内内)
大芝水門
情報
用途 治水施設(洪水調節)・道路橋
事業主体 国土交通省中国地方整備局
管理運営 水門:太田川河川事務所、道路:広島市
構造形式 水門:スルースゲート+固定堰
橋梁:6径間鈑桁橋
着工 1961年
竣工 1965年
所在地 太田川水系旧太田川(本川)
座標 左岸:広島県広島市東区牛田
右岸:広島県広島市西区大芝
北緯34度25分28秒 東経132度27分49秒 / 北緯34.42444度 東経132.46361度 / 34.42444; 132.46361座標: 北緯34度25分28秒 東経132度27分49秒 / 北緯34.42444度 東経132.46361度 / 34.42444; 132.46361
テンプレートを表示
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成下方へ流れるのが旧太田川で、その最上流が大芝水門(大芝橋)

この付近で分かれる太田川放水路を仕切る祇園水門と連動する水門であり、詳細はそちらを参照のこと。

概要編集

広島デルタ頂付近にある水門。本川中央付近から左岸側が水門(スルースゲート)、右岸側が固定堰となる。平水時には水門は全開、洪水時には開け閉めし調整する。右岸南詰めに祇園水門と大芝水門を制御する棟が建っている。

下流側に京橋川との分流点、その向こうに北大橋が架かる。橋としては東区と西区を結ぶ唯一の橋であり、左岸は祇園新道、右岸側は祇園大橋南詰交差点へと続く。

太田川放水路整備に伴い1961年(昭和36年)から工事開始、1965年(昭和40年)に完成した。老朽化に伴い改築が検討されている。

機能編集

諸元編集

  • 水門
    • 構造:スルースゲート+固定堰
    • 形状:ゲート - 幅13.33m×高さ7.2m×3門、固定堰 - 幅86m
    • 路線名:市道東4区191号線
    • 幅員:7.5m
    • 橋種:6径間鋼鈑桁橋

ギャラリー編集

関連項目編集

外部リンク編集