メインメニューを開く

大葉 健二(おおば けんじ、1955年2月5日[3][2] - )は、日本俳優演出家、イベント運営会社『LUCK JET』代表取締役社長。本名および旧芸名は高橋 健二たかはし けんじ[3]。初期は本名で活動し、現在でも演劇を演出する時は本名の名義で行っている。

おおば けんじ
大葉 健二
大葉 健二
本名 高橋 健二たかはし けんじ
生年月日 (1955-02-05) 1955年2月5日(64歳)
出生地 日本の旗 日本 愛媛県松山市
国籍 日本の旗 日本
身長 170 cm [1]
血液型 A型
職業 俳優演出家
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1971年[2] - 2018年
活動内容 テレビドラマ映画
公式サイト 大葉健二
主な作品
映画
里見八犬伝』/『伊賀野カバ丸
コータローまかりとおる!
キル・ビルVol.1
テレビドラマ
バトルフィーバーJ』(1979年)
電子戦隊デンジマン』(1980年)
宇宙刑事ギャバン』(1982年)
影の軍団IV』(1985年)/『影の軍団 幕末編』(1985年)
演劇
ゆかいな海賊大冒険
テンプレートを表示

愛媛県松山市出身[4]。身長170cm[3]血液型はA型[1]

来歴

中学生の頃にはテレビドラマキイハンター』を観て、出演者の千葉真一のファンになり、高校生の時に設立直後のジャパンアクションクラブ(JAC)第一期生募集に応募し、合格した[5]1971年に高校を中退して上京し、芸能界への一歩を踏み出す。役者志望というより、アクションやスタントマン的な仕事をやりたいという気持ちであった[5]

1972年から1973年にかけて放送された特撮テレビドラマ『人造人間キカイダー』で、トランポリンスタントを担当。同作品の第31話で初めて顔出し出演を果たした。

当初は本名の高橋 健二名義で活動していたが、1979年から1980年にかけて放送された『バトルフィーバーJ』で曙四郎(バトルケニア)役として初めてレギュラー出演が決まり、師である千葉真一から「葉」の字をもらって大葉 健二の芸名での活動を開始した[6][2]。同作品ではバトルケニアのスーツアクターを兼任し、変身前と変身後を吹き替えなしで演じた[6]1980年から1981年にかけて放送された『電子戦隊デンジマン』では青梅大五郎/デンジブルー(声)役でレギュラー出演し、こちらでもデンジブルーのスーツアクターを兼任した[6]1982年から1983年にかけて放送されたメタルヒーローシリーズの第1作『宇宙刑事ギャバン』の主人公、一条寺烈(ギャバン)役で初主演を果たす。

1984年公開の映画『コータローまかりとおる!』では天光寺輝彦に扮するため、スキンヘッドにした。これが好評だったため[7]、翌年放送のテレビドラマ『影の軍団IV』、『影の軍団 幕末編』にもスキンヘッドの伊賀忍者・がま八でレギュラー出演。大葉健二にとってスキンヘッドは個性の一つにもなり、2003年には千葉真一の熱狂的ファンであるクエンティン・タランティーノのオファーで、千葉真一と共に映画『キル・ビル Vol.1』に出演。タランティーノのリクエストでがま八と同じくスキンヘッドにし、お得意のコミカルな演技でハリウッドデビューした。

1987年、母親の看病のため、JACに名誉会員として籍を残したまま郷里の松山に帰郷。地元のイベント製作会社の会社員となり、多忙な会社員生活の合間に俳優業を行うというスタンスとなる。俳優業のかたわら、自ら設立したイベント製作会社「LUCK JET」の代表取締役社長も勤め、後進の育成にも力を注いでいる[8]。これらの活動では、本名の高橋 健二名義で舞台演出も行っている。

2007年、ラックJETとの業務提携という形でジャパンアクションエンタープライズに再び籍を置く[9]

2009年、JAC時代からの盟友である井上誠吾関根大学と共に演劇ユニット「磨心頑」を設立。

2011年6月11日公開の映画『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』で約30年振りに青梅大五郎役を演じた。大葉健二によると当初は同じく過去に演じた曙四郎役として登場する案もあったらしく[10][2]、後に『海賊戦隊ゴーカイジャー』のテレビシリーズ第44話で曙四郎役を約31年ぶりに演じた。2012年1月21日公開の『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』では約28年ぶりに一条寺烈役を演じ、同時に青梅大五郎、曙四郎の計3役を演じた。2017年公開の『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』では、2代目宇宙刑事ギャバンのサポート役として生身での立ち回りアクションも披露している。

2012年8月、NHKの首都圏向け番組「ゆうどきネットワーク」で、これまでの経歴が紹介された。アクション俳優として生きる中で、何度も同僚の怪我や、時には死亡事故があったことなどがナレーションで触れられた。地元でのイベント活動の様子の写真も紹介された。そして、今自分にできることは何かを問い、それはアクション俳優を養成することであると確信したことから、アクション俳優の志願者を募り、多数の応募者の中から厳選した数名を採用した。演技とアクションの経験を惜しみなく後輩に伝授する毎日で、2013年頃にはプロダクションのオーディションを兼ねた舞台公演も計画しているという。

2018年に自宅で倒れ入院し、療養。

人物・エピソード

  • 特技は、バイク自転車のスタント[11]乗馬[3]スキー[3]体操[3]。好きな言葉は「健康こそ宝」[11]
  • 東映プロデューサーの吉川進1982年3月5日から1983年2月25日にかけて放送されたメタルヒーローシリーズの第1作目『宇宙刑事ギャバン』の主役に大葉健二を起用しようとした時に、東映社内で反対の声が多数を占めたという。そういう時には「あんたが大葉がイヤだというならわかった。じゃ、代わりにだれか連れてきてよ」と言って相手を捻じ伏せたうえで強引に大葉健二をキャスティングしたという。このことについて後に吉川進はインタビューで「大葉君はアクションはできるし、愛嬌はあるし、勉強熱心だし…、十分じゃないですか。そりゃ、新企画の立ち上げだから反対の声はあったけど、僕はがんとして大葉君を推しました。ギャバンの、大葉君の魅力は皆さんのほうがよくお分かりなんじゃないですか」と語っている。
  • 宇宙刑事シリーズ』で組んだ小笠原猛監督の家へ招かれ、酒を御馳走してもらったという。『宇宙刑事シャイダー』の撮影中盤時期『コータローまかりとおる!』の天光寺輝彦役が決まったためにスキンヘッドにしていたが、この頃行われた『アニメック』誌のインタビュー中で[要文献特定詳細情報]「(この頭では『宇宙刑事シャイダー』に出演するために)コム長官に一喝され、丸坊主にされたという設定を考えている」という内容の発言をしている。その後『宇宙刑事シャイダー』には最終回(第49話)のスペシャル編に出演。しかしこの時『影の軍団IV』に出演が決まっていたため、ふたたび丸坊主頭になっていた(『宇宙刑事シャイダー』の最終回スペシャルの3人が出会う場面で、シャリバン役(渡洋史)とシャイダー役(円谷浩)の2人からスキンヘッドの事を「どうしたんですか?」と驚かれ、「いや、ちょっとな」とはにかむシーンがある)。
  • 漫画『コブラ』のファンであり、実写版を撮るのならぜひ主役を演じたいと発言していた。『宇宙刑事ギャバン』などでの二枚目半の演技はコブラを意識していたと語っている。
  • 『バトルフィーバーJ』および『電子戦隊デンジマン』の監督であった竹本弘一について、「アクションの人たちが苦労しているのだから」と撮影した格闘シーンをほとんどカットしない方針だったと語っている。
  • 『電子戦隊デンジマン』および『宇宙刑事ギャバン』の監督だった小林義明について、勉強熱心な監督で印象に残っていると語っている。『電子戦隊デンジマン』では他の俳優たちが撮影後皆で飲みに出かけていた中、大葉健二だけはスーツアクターとしての撮影もあったため、一度も一緒に行けなかったという。
  • 仮面ライダー』での本郷猛 / 仮面ライダー1号役を演じる藤岡弘の事故以降は、変身後のヒーローのスーツアクターは別の俳優が担当するのが一般的となったが、『バトルフィーバーJ』では自ら志願して変身前後の両方を演じた[12][8]。大葉は両役演じることについて、変身前の俳優と演技のすり合わせを行う必要がないから楽であると述べている[12][8]。一方で、素面よりもマスクをつけて演技するほうがホッとするとも述べている[12]
  • 『バトルフィーバーJ』で曙四郎が悪魔ロボットが登場する度に言っていた「また出やがった!!」は大葉健二のアドリブから生まれたものである。共演した伴大介は大葉の演技力を評価しており、子供からの人気も高かったであろうと推察している[13]。同作品で演じたバトルケニアで、後楽園ゆうえんちのヒーローショーにスーツアクターとしても参加し、最後は子供達と顔出しで握手をしたという。そのため、会場を訪れた子供達からとても人気があり、会場の一番人気はバトルケニアだったという。
  • 『電子戦隊デンジマン』で共演した内田直哉は、大葉健二が一番キャリアを積んでいたことから、自身も含め共演者は大葉健二の演技を参考にする部分が多かったと証言している[14]
  • 1975年3月9日に放送されたテレビドラマ版「日本沈没」の第23話「海に消えた鎌倉」の回に、松川首相の緊急記者会見を放送するテレビ画面に見入る一般国民として特技監督の川北紘一と共にカメオ出演している。
  • 『宇宙刑事ギャバン』でギャバンの変身後のスーツアクターを務めた村上潤に対しては、それまでも活動をともにしていたことから信頼し、演技やアクションに注文をつけることはなかったという[8]。一方の村上潤は、大葉健二が激しいアクションをこなしていたことから、「変身したら弱くなった」と言われないよう必死であったことを述べている[8]。また村上は、大葉健二のトランポリンを用いてのジャンプは滞空時間が長く、空中に止まっているように見えると評している[8]

出演

テレビドラマ

「高橋 健二」名義
「大葉 健二」名義

映画

「高橋 健二」名義
「大葉 健二」名義

舞台

  • JAC公演
  • Black JAC公演
    • マグニチュード11(1984年、新宿コマ劇場)
    • 俺っちのアウトロー(1986年、新宿コマ劇場) - 新竜、ジョージ(二役)
  • 爆笑!! 花の清水港(1987年、新宿コマ劇場) - 都鳥音松役
  • モンスタールーム〜大人たちの放課後〜(2008年、劇団ユニット☆磨心頑)
  • TIGER & BUNNY THE LIVE(2012年、ジャパンアクションエンタープライズ / Zepp DiverCity TOKYO) - ヒーローアカデミー教官[注釈 16]
  • 2.5次元プロレス『夢幻大戦』(2017年11月27日、新宿FACE) - ウラシマ・ら・むー 役

テレビアニメ

ゲーム

CM

  • ヒーロー玩具研究所(2008年)

音楽

アルバム

書籍

  • アクションポーズ写真集〈ACT.1〉(2003年、エムピーシー) ISBN 4871976661

監修

脚注

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ メインはジローのスタント
  2. ^ ノンクレジット
  3. ^ 顔出し役も有り
  4. ^ ノンクレジットも含め、全話出演
  5. ^ スーツアクター兼任
  6. ^ スーツアクター兼任
  7. ^ 変身ポーズはギャバンと同じ。
  8. ^ 最終話ではギャバンのスーツアクターも一部演じている。
  9. ^ スーツアクター兼。『影の軍団IV』に出演していたため、スキンヘッドで登場。
  10. ^ 野二郎がジライヤスーツを着ているシーンはスーツアクターも兼任。
  11. ^ 天光寺役の後、伸ばしていた髪を再びスキンヘッドにした。
  12. ^ 四国ロケが行われたため、出演。
  13. ^ 日本香港合作
  14. ^ スーツアクターも兼任
  15. ^ 変身後は声のみ
  16. ^ 自らが過去にギャバンであったことを匂わす
  17. ^ 映画『ロボコップ』のパロディ。ロボコップは『宇宙刑事ギャバン』をモチーフとして、アメリカで製作した。ギャバンを演じた縁で、声の出演。
出典
  1. ^ a b 大葉健二” (日本語). LUCK JET. 2012年5月31日閲覧。
  2. ^ a b c d 「LEGEND COMMENT_06 大葉健二」『海賊戦隊ゴーカイジャー公式読本 豪快演義』グライドメディア〈グライドメディアムック73〉、2012年6月1日、96頁。ISBN 978-4-8130-8173-9
  3. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'88』VIPタイムズ社、1988年、45頁。
  4. ^ 大葉健二のプロフィール(大葉健二オフィシャルブログ)” (日本語). 2017年2月12日閲覧。
  5. ^ a b 30年ぶりにギャバンを演じた大葉健二「50代の女性がセーラー服を着る恥ずかしさが判りました」”. クランクイン! (2012年1月20日). 2017年3月19日閲覧。
  6. ^ a b c 「大葉健二 スペシャルインタビュー」『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』双葉社、2003年、78-80頁。ISBN 4575295205
  7. ^ 安藤幹夫、スタジオ・ハード編「第一章 宇宙刑事ギャバン 大葉健二スペシャルインタビュー」『宇宙刑事大全 ギャバン・シャリバン・シャイダーの世界』双葉社、2000年7月1日、ISBN 4-575-29080-7、70頁。
  8. ^ a b c d e f 東映HM55 2017, pp. 92-97, 取材・構成 伊東叶夢「宇宙刑事ギャバン Blu-ray BOX発売記念 スペシャル対談 大葉健二×村上潤
  9. ^ JAEプロモーション” (日本語). 2017年2月12日閲覧。
  10. ^ ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦パンフレットより
  11. ^ a b JACのメンバー全員集合」『総登場! クンフースター大百科』勁文社、1983年、179頁。
  12. ^ a b c スーパー戦隊大全集 1988, p. 200, 「スーパー戦隊シリーズINTERVIEW CAST編」
  13. ^ 超世紀全戦隊大全集 1993, p. 184, 「戦隊シリーズキャストインタビュー 伴直弥」.
  14. ^ 超世紀全戦隊大全集 1993, p. 185, 「戦隊シリーズキャストインタビュー 内田直哉」.

参考文献

外部リンク

先代:
新堀和男(初代)
1976年、『ゴレンジャー』1 〜 66話)
スーパー戦隊シリーズ
歴代レッド役スーツアクター
高橋健二(2代目)
1976年、『ゴレンジャー』67 〜 84話)
次代:
春田三三夫(3代目)
1977年、『ジャッカー』)