メインメニューを開く

大蔵 春実(おおくら の はるざね)は、平安時代中期の貴族・武人。官位従五位下対馬守大宰大監

 
大蔵春実
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下対馬守大宰大監
主君 朱雀天皇村上天皇
氏族 大蔵朝臣
父母 父:大蔵常直、大蔵村主など諸説
母:藤原敏行娘?
小野好古娘、橘公統
春種、種章、種季、種門、春近、実通、種光
テンプレートを表示



経歴編集

天慶2年(939年瀬戸内海にて発生した天慶の乱(藤原純友の乱)鎮圧のために、追捕山陽南海両道凶賊使の主典となり西国に派遣される。天慶4年(941年)5月に博多津において藤原純友軍を撃退。その功績により従五位下・対馬守兼大宰大監に叙任される。

天徳4年(960年平将門の残党が平安京に入京するとの噂が発生した際、蔵人所の命により、前記追捕使、大宰府の次官であった源経基の子・満仲と共に武士団を率い都を警護する。これは、官職に因らず武士団を用いた最初の例とされる。

子孫は九州に土着し、大宰府官人を世襲する。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「大蔵系図」『続群書類従』巻第186所収
  2. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻3,大蔵
  3. ^ 鈴木真年『華族諸家伝』
  4. ^ 鈴木真年『史略名称訓義』醍醐天皇
  5. ^ 『原田家譜』

参考文献編集

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年(系譜セクションの出典)