大蔵流は、狂言の流派のひとつ。猿楽の本流たる大和猿楽系の狂言を伝える唯一の流派。

目次

歴史編集

代々金春座で狂言を務めた大蔵彌右衛門家が室町後期に創流した。江戸時代には鷺流とともに幕府御用を務めたが、狂言方としての序列は2位と、鷺流の後塵を拝した。宗家は大蔵彌右衛門家。分家に大蔵八右衛門家(分家筆頭。幕府序列3位)、大蔵彌太夫家、大蔵彌惣右衛門家があった。大蔵長太夫家や京都の茂山千五郎家、茂山忠三郎家をはじめとして弟子家も多く、観世座以外の諸座の狂言のほとんどは大蔵流が務めていた。

明治維新に伴い、職分の廃業や宗家の断絶などが相次ぎ、一時衰微したが、東京では初世・山本東次郎(則正。隠居名:東〈あずま〉)が大蔵流の孤塁を死守し、京都では「お豆腐主義」を標榜する茂山千五郎家の正虎(九世千五郎。初世千作)、正重(十世千五郎、二世千作)が庶民的な狂言を演じて、東西で流派を支えた。昭和16年(1941年)には茂山千五郎家の分家の二世茂山忠三郎(良豊)の養子であった茂山久治(後の善竹彌五郎。狂言界初の人間国宝)の次男・吉二郎が大蔵家に婿入りして二十四世大蔵彌太郎(のち大蔵彌右衛門)として宗家を継ぎ、宗家は再興された。

過去に大蔵流から人間国宝に認定されたのは善竹彌五郎(茂山久治)、三世・茂山千作(真一。十一世・茂山千五郎)、四世・茂山千作(七五三〈しめ〉。十二世・茂山千五郎)の3人。

家本代々編集

編集

現在大蔵流には、

がある。 台本は江戸の大蔵宗家の芸系を受け継ぐ山本東次郎家のものと、江戸時代以来京都を本拠としてきた茂山千五郎家のものとに大別される。両者は芸風も対照的で、山本東次郎家が武家式楽の伝統を今に残す古風で剛直な芸風なのに対して、茂山千五郎家は写実的で親しみやすい芸風である。

大蔵彌右衛門家編集

家伝によれば、大蔵流は14世紀に後醍醐天皇の侍講を務めていた比叡山の学僧・玄恵法印を流祖とする。玄恵は戦争の打ち続く不安定な時代において、立派な人格の養成と人としての生きる道を説くために狂言を創始したという。その狂言は坂本在住で近江猿楽の猿楽師であった二世・日吉彌兵衛に伝えられ、三世・彌太郎、四世・彌次兵衛、五世・彌右衛門と受け継がれた。

六世・彌太郎の代には大和猿楽金春座に属し、七世・彌右衛門の後に世阿彌の外孫にあたる八世・金春四郎次郎が芸系を受け継いだ。四郎次郎の死後、吉野猿楽出身の日吉万五郎が一時家を継いだが、最終的には養子の宇治彌太郎が9世を継ぎ、十世・彌右衛門の代に「大蔵」と姓を改めた。十一世・彌右衛門は織田信長より虎の字を拝領し虎政と名乗り、その子12世・彌右衛門は虎清と名乗り豊臣秀吉・徳川家康に仕えた。十三世・彌右衛門虎明(とらあきら)は万治3年(1660年)大蔵流最古の狂言伝書『わらんべ草』を著わし、元禄7年(1694年)になると五代将軍徳川綱吉の上意により江戸屋敷を拝領し、それまでの奈良住まいから江戸住まいとなった。

その後も二十二世・彌太郎虎年まで代々幕府の俸禄を受け、最古の伝統を持つ大蔵流の宗家として狂言を着々と守り続けてきたが、明治維新により大きな打撃を受ける。徳川幕府や諸大名のお抱えとして、長年にわたり手厚い庇護を受けていた大蔵流の狂言師たちはみな俸禄を失い、転業・転職を余儀なくされた。宗家もその例外ではなく、明治維新後奈良に移住していた虎年が明治14年(1881年)に41歳で死去すると、跡を継いだ二十三世・虎一はわずか2年で能楽界を去り、大蔵宗家は断絶するに至った。さらに太平洋戦争の終戦後も復興を待つまでの間、長い暗黒の時代が続くことになった。

しかしその間も山本東次郎や茂山千五郎といった大蔵流の狂言師たちは己の芸を磨き、後世に大蔵流の狂言を伝えていった。そして昭和16年(1941年)、善竹彌五郎(当時・茂山久治)の次男・吉二が虎年の娘の外孫にあたる安と結婚し、二十四世・彌太郎(のち彌右衛門)を名乗り、宗家を再興した。現在大蔵家では二十四世の長男で宗家二十五世を継いだ大蔵彌太郎(基嗣)と弟の吉次郎(基義)、そして彼らの子である大蔵千太郎(二十五世の長男)・大藏基誠(二十五世の次男)、大蔵教義(吉次郎の長男)の五人が大蔵の名を名乗り東京を中心に活躍している。

吉次郎狂言会編集

大藏流第24世宗家故大藏彌右衛門の次男、2世大藏吉次郎が運営する狂言会。およそ700年続く大藏家の分家として、伝統継承はもちろん、狂言の原点である「平和祈念」を理念とする。また狂言の世界が描く、人の優しさや大らかさ、そして「可笑しみ」を追求するとともに、老若男女問わず、多くの方々に狂言の魅力と感動を伝えるべく、日々普及活動に全力で取り組んでいる。