大衆の反逆』(たいしゅうのはんぎゃく西: La rebelión de las masas1929年)はホセ・オルテガ・イ・ガセットの著書である。

大衆の反逆
(たいしゅうのはんぎゃく)
La rebelión de las masas
著者 ホセ・オルテガ・イ・ガセット
訳者 樺俊雄神吉敬三桑名一博佐野利勝寺田和夫佐々木孝
発行日 1930年
発行元 El Sol
ジャンル 哲学
スペインの旗 スペイン王国
言語 スペイン語
公式サイト www.iwanami.co.jp
コード ISBN 978-4-480-08209-1
ISBN 978-4-560-72101-8
ISBN 978-4-12-160024-0
ISBN 978-4-00-342311-0
Portal.svg ウィキポータル 哲学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

本書でオルテガは「大衆人」(: mass-man西: hombre‐masa[1])の起源をたどり、社会における大衆の権力と行動へと向けた勃興を記述する途中で、自分の気質を分析している。オルテガは大衆とそれを構成する大衆人の両方に対して本書を通してきわめて批判的で、「高貴な生と下等な生」を対比し、彼が大衆人の中に見出した野蛮性と原始性を非難している。

しかし、英語圏では通例そのように誤解されてきたが、彼は特定の社会階級、すなわち、一般に大衆として考えられる多数の労働者階級を指して批判しているのではない。むしろ、近代化に伴い新たにエリート層として台頭し始めた専門家層、とくに「科学者」に対し、「近代の原始人、近代の野蛮人」と激しい批判を加えている。

これは、彼がエリートと非エリートの区別を、その社会関係ではなく内面的、精神的な態度に求めていたことに関係がある。

出版編集

英語版編集

著者は初出版の二年後に出版された英語訳を公認し、この英語版には翻訳者が匿名のままにしてほしいと要請したと記してあるが、より最近の版は本書のアメリカでの著作権がTeresa Careyなる人物によって1960年に延長されたと記載してもいて、そしてUS・コピーライト・オフィスの1960年1月におけるアメリカの著作権の延長についての出版リスト[2]は、J. R. Careyという名前のまま翻訳者を記している。

日本語訳編集

樺俊雄
  • 『大衆の蜂起』樺俊雄訳、創元社、1953年。
  • 『大衆社会の出現 大衆の蜂起』樺俊雄訳、創元社、1958年。
佐野利勝
  • 『大衆の叛逆』佐野利勝訳、筑摩書房、1953年。
神吉敬三
  • 『大衆の反逆』神吉敬三訳、角川書店角川文庫〉、1967年、新装復刊1989年。ISBN 978-4-04-315502-6
  • 『大衆の反逆』神吉敬三訳、筑摩書房ちくま学芸文庫〉、1995年6月、改訳版。ISBN 978-4-480-08209-1
桑名一博訳 
寺田和夫
佐々木孝

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 世界大百科事典 第2版. “大衆の反逆”. コトバンク. 2018年8月15日閲覧。
  2. ^ U.S. Copyright Renewals, 1960 January - June - Project Gutenberg

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集