大衡村

日本の宮城県黒川郡の村

大衡村(おおひらむら)は、宮城県中部、黒川郡に位置する。県下唯一の村である[1]

おおひらむら
大衡村
OHIRA MIYAGI.jpg
Flag of Ohira Miyagi.JPG Symbol of Ohira Miyagi.svg
大衡村旗 大衡村章
1968年9月1日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
黒川郡
市町村コード 04424-5
法人番号 5000020044245 ウィキデータを編集
面積 60.32km2
総人口 5,793[編集]
推計人口、2020年8月1日)
人口密度 96人/km2
隣接自治体 大崎市黒川郡大和町大郷町加美郡色麻町
村の木 アカマツ
村の花 キキョウ
村の鳥 キジ
大衡村役場
村長 萩原達雄
所在地 981-3692
宮城県黒川郡大衡村大衡字平林62番地
北緯38度28分2.1秒東経140度52分47.2秒
Ohiraoffice.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

大衡村位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
大衡城跡公園
大衡城跡より南西を望む。奥の山は大和町の七ツ森

地理編集

宮城県のほぼ中央に位置する村で、県庁所在地仙台市からの距離は約30キロメートル[1]仙台都市圏も参照)。地形的には、なだらかな丘陵地が村の大部分を占める。

歴史編集

行政編集

地域編集

人口編集

 
大衡村と全国の年齢別人口分布(2005年) 大衡村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大衡村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

大衡村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

健康編集

教育編集

交通編集

鉄道編集

バス編集

道路編集

経済編集

産業編集

工業編集

セントラル自動車が当村域の第二仙台北部中核工業団地内に、本社並びに工場を移転。2011年1月、操業開始。また、トヨタ紡織が関東シート製作所(本社:岩手県北上市)を子会社化の上(トヨタ紡織東北と社名変更)、トヨタ紡織東北が同工業団地に宮城工場を建設・2011年1月、操業開始。2012年7月1日付で、セントラル自動車を始め関東自動車工業トヨタ自動車東北のトヨタ自動車傘下3社が経営統合する新会社トヨタ自動車東日本(関自工が、セントラルとトヨタ東北を吸収合併して商号変更の上で発足)発足、本社が大衡村に置かれた。トヨタグループ小型車の一大生産拠点となり、「企業城下町」となっている[1]

郵便局編集

  • 大衡簡易郵便局
  • 大童簡易郵便局
  • 駒場簡易郵便局

金融機関編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

イベント編集

出身有名人編集

その他編集

隣接する色麻町、大和町にまたがって陸上自衛隊の演習場王城寺原演習場)がある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ a b c 宮城・大衡村、「トヨタ」以外でも人口増 育児支援手厚く日本経済新聞』電子版2020年2月15日(2020年2月18日閲覧)
  2. ^ 宮城県. “昭和万葉の森”. 2015年3月17日閲覧。
  3. ^ 大衡小学校ニッセイ緑の財団 学校フォーラム(2020年2月18日閲覧)
  4. ^ 校長室だより
  5. ^ 記事名・掲載日不明[リンク切れ]『日刊建設新聞』
  6. ^ 大衡村[リンク切れ]
  7. ^ 日本経済新聞社『日経グローカル』 (2010年10月4日). “自治体維新”. 2015年3月16日閲覧。
  8. ^ a b 宮城・大衡:「セクハラ」提訴の跡部村長が辞職申し出[リンク切れ]毎日新聞』2015年3月19日閲覧
  9. ^ 「大衡村長を書類送検 元職員の公金着服隠避容疑」[リンク切れ]河北新報』2014年9月26日
  10. ^ 『河北新報』 (2015年3月13日). “跡部・大衡村長がセクハラ 女性職員、提訴へ”. 2015年3月13日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 「セクハラ?村長:議会解散 不信任可決受け 宮城・大衡村」[リンク切れ]『毎日新聞』2015年3月17日閲覧
  12. ^ 大衡村ふるさと美術館日本観光振興協会(2020年2月18日閲覧)

参考文献

関連項目編集

外部リンク編集