メインメニューを開く

大西 一史(おおにし かずふみ、1967年12月9日 - )は日本政治家熊本県熊本市長(2期)。元熊本県議会議員(5期)。熊本市出身。

大西 一史
おおにし かずふみ
生年月日 (1967-12-09) 1967年12月9日(52歳)
出生地 熊本県熊本市
出身校 九州大学大学院法学府
前職 商社社員
衆議院議員秘書
所属政党無所属
自由民主党→)
無所属
称号 法学修士九州大学
公式サイト 大西一史事務所 オフィシャルサイト

当選回数 2回
在任期間 2014年12月3日 - 現職

選挙区 熊本市選挙区
当選回数 5回
在任期間 1997年12月21日 - 2014年10月6日
テンプレートを表示

経歴編集

学歴編集

職歴編集

  • 1992年 - 日商岩井メカトロニクス株式会社(現・双日マシナリー株式会社)に入社。産業機械などの輸出入を担当する営業を務める。
  • 1994年 - 日商岩井メカトロニクス株式会社退職。
  • 1994年 - 衆議院議員園田博之秘書(当時内閣官房副長官)として総理官邸などで勤務。
  • 1997年 - 熊本県議会議員熊本市選挙区補欠選挙において、無所属(新党さきがけ推薦・自由民主党支持)で出馬し初当選。当時最年少。
  • 1998年 - 自由民主党入党 熊本県連青年部長に就任。
  • 1999年 - 熊本県議会議員選挙にて2期目当選。当時最年少。
  • 2001年 - 熊本県議会建設常任委員長に就任( - 2002年3月)。
  • 2002年11月 - 熊本市長選挙において、党の推薦決定に反して、当時自民党所属県議で同期の幸山政史(前・熊本市長)を支援したため、自民党より離党勧告を受け離党。
  • 2003年 - 熊本県議会議員選挙にて3期目トップ当選。県議会史上最高得票21,494票獲得
  • 2007年 - 熊本県議会議員選挙にて4期目トップ当選。
  • 2007年7月 - ローカルマニフェスト推進地方議員連盟共同代表に就任。
  • 2008年5月 - 地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合(せんたく)「せんたく地方政府議員連合」事務局長に就任。
  • 2008年6月 - 熊本県議会内会派 無所属改革クラブ 代表に就任。議会運営委員会 理事に就任。
  • 2009年7月 - ローカルマニフェスト推進地方議員連盟相談役に就任。
  • 2010年4月 - 保健医療経営大学非常勤講師(政策過程)に就任。
  • 2011年4月 - 熊本県議会議員選挙にて5期目当選。
  • 2011年9月 - 熊本大学大学院法曹養成研究科 非常勤講師(公共政策法務)に就任
  • 2013年3月 - 熊本県監査委員に就任。
  • 2014年11月 - 熊本県議としての任期満了に伴う政令指定都市移行後初の市長選で、国際会議施設を含む都市計画の推進と自民・公明の推薦を受けて、初当選[1]
  • 2014年12月 - 第32代熊本市長に就任。
  • 2018年11月 - 自民・公明推薦で共産推薦候補を破って、熊本市長選挙に再選[2][3]


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 熊本市長に大西氏が初当選” (日本語). 日本経済新聞 (2014年11月16日). 2019年10月30日閲覧。
  2. ^ 熊本市:大西市長が再選出馬表明” (日本語). 毎日新聞. 2019年10月30日閲覧。
  3. ^ 熊本市長選:現職の大西一史氏が再選” (日本語). 毎日新聞. 2019年10月30日閲覧。

外部リンク編集