メインメニューを開く

大西勝也

大西 勝也(おおにし かつや、1928年(昭和3年)9月10日 - 2017年(平成29年)12月21日[1])は、日本裁判官最高裁判所裁判官[2]大阪市の出身。

「アカデミックな雰囲気が魅力的」と裁判官に[3]京都地裁をはじめとして、東京地裁大阪地裁東京高裁判事などを現場を担当した後で、甲府地裁所長を務める。その後、最高裁人事局長に就任するも、判事補が破産管財人から背広を受け取った事件が発覚し、罷免を請求して国会裁判官弾劾裁判所に証人として立った[3]。その後、最高裁事務総長や東京高裁長官に就任[3]

1991年5月13日に最高裁判所裁判官に就任[3]。1998年9月に定年退官。

2017年12月21日午前8時34分、誤嚥性肺炎のため、東京都中野区施設で死去。89歳没[1]

脚注編集

  1. ^ a b “元最高裁判事、大西勝也氏死去…ロッキード事件”. 読売新聞. (2017年11月25日). http://sp.yomiuri.co.jp/national/20171225-OYT1T50119.html 2017年12月25日閲覧。 
  2. ^ http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/hanzi_itiran/
  3. ^ a b c d 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)102頁