メインメニューを開く

大西 昭男(おおにし あきお、1926年12月29日 - 2005年2月26日)は、英文学者関西大学名誉教授。専門はヘンリー・ジェイムズ

目次

略歴編集

大阪府出身。関西大学専門部国漢科卒業。1951年京都大学文学部英文科卒業、関西大学文学部助手、専任講師、助教授、1963年教授、文学部長、1979年学長、5期務め1994年退任、1979年「ヘンリー・ジェイムズの文学」で関西大学文学博士。関西大学名誉教授、学校法人関西大学理事長を務めた。

関西大教授の谷沢永一と親しく、学長選では谷沢が参謀となった。長女の夫は関西大学名誉教授・宇佐見太市(1950- )、義理の妹の夫は阪大名誉教授・ドイツ文学・中村元保(1935- )[1]

叙勲歴編集

2002年に勲二等旭日重光章受章。

著作編集

単著編集

  • 『それもまたよし-学長15年』関西大学出版部、1994年
  • 『見ようとする意志-ヘンリー・ジェイムズ論』関西大学出版部、1994年

共著編集

翻訳編集

  • 多田敏男との共訳)『ヘンリー・ジェイムズ短編集』あぽろん社、1963年
  • (多田敏男との共訳)『智恵の樹』あぽろん社、1965年
  • 『ヘンリー・ジェイムズ作品集 2』「ポイントンの蒐集品』多田敏男共訳 国書刊行会 1984

編集

  1. ^ 『人事興信録』1995