メインメニューを開く
大谷正男

大谷 正男(おおや まさお、1883年明治16年)2月2日[1]1967年昭和42年)2月6日[2])は、貴族院勅選議員宮内官僚。

経歴編集

貴族院議員大谷靖の三男として東京市に生まれる。1907年(明治40年)、東京帝国大学法科大学を卒業した[1]大蔵省に入り、税関監視官、同事務官、横浜税関監視部長を務めた[1]1914年大正3年)、宮内省に入り、内蔵寮財務課長、大臣官房総務課長、書記官、宮内大臣秘書官、勅任参事官、内蔵頭を歴任[1][3]1933年(昭和8年)、宮内次官に就任。1936年(昭和11年)からは皇太后宮大夫を務めた。

1946年(昭和21年)、貴族院議員に勅選された[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『昭和物故人名録』 日外アソシエーツ、1983年。
  3. ^ a b 貴族院要覧 1946.

参考文献編集

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 『貴族院要覧(丙) 昭和21年12月増訂』貴族院事務局、1946年。