メインメニューを開く

大谷秀和

日本のサッカー選手

大谷 秀和(おおたに ひでかず、1984年11月6日 - )は、千葉県流山市出身のサッカー選手Jリーグ柏レイソル所属。ポジションはミッドフィールダー日本プロサッカー選手会副会長。

大谷 秀和 Football pictogram.svg
名前
愛称 タニ
カタカナ オオタニ ヒデカズ
ラテン文字 OTANI Hidekazu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-11-06) 1984年11月6日(35歳)
出身地 千葉県流山市
身長 174cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 柏レイソル
ポジション MF (DH)
背番号 7
利き足 右足
ユース
1997-2002 柏レイソル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003- 柏レイソル 415 (20)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

プロ入り前編集

小学校1年生の時に初石少年サッカークラブでサッカーを始め、4年時からは流山市の選抜チーム・流山FCでもプレーした[1]。小学生時代はフォワードを務めていた[2]

中学校入学後は柏レイソルの下部組織に加入し、トップ下にポジションを移した[2]。高校3年時の第57回国民体育大会では、クラブユース勢から唯一千葉県代表に選出され、市立船橋高校原一樹大久保裕樹流経大柏高校近藤祐介らと共に全国制覇を成し遂げた[1][2]

柏レイソル編集

2003年にトップチームへ昇格。同期入団に矢野貴章谷澤達也らがいる。プレシーズンマッチちばぎんカップでは、ルーキーながらボランチのポジションで先発出場を果たし、試合を視察していた日本代表エドゥテクニカルアドバイザー(当時)からプレーを絶賛された[3]。同年3月22日、リーグ開幕節のFC東京戦でプロデビューを飾り、翌年10月17日J1 2ndステージ第9節名古屋グランパス戦で初ゴールを記録した。

2005年明神智和とダブルボランチを組み、リーグ戦20試合に出場したが、チームは下位に低迷。J1・J2入れ替え戦でもヴァンフォーレ甲府に惨敗し、J2へ降格した。

石崎信弘新監督が就任した2006年は選手会長に任命され、明神の移籍に伴い背番号「7」を引き継いだ[4]。同年は明神のほか玉田圭司矢野貴章永田充波戸康広といった前年までの主力選手の多くがチームを去ったことから、ミッドフィールダーディフェンダーなど様々なポジションでプレーし[2]、1年でのJ1復帰に貢献した。

2008年からチームの主将に就任。2009年7月のネルシーニョ監督就任後は再びボランチに専念してチームの中心を担い[5]、J2(2010年)・J1(2011年)のリーグ優勝のほか、天皇杯2012年)・ヤマザキナビスコカップ2013年)といった数々のタイトル獲得に貢献し、2011年にはJリーグ優秀選手賞を受賞した。

2015年吉田達磨新監督の下、ボランチよりも前線に近いインサイドハーフのポジションで起用された[6]。同年7月、東アジアカップ2015の予備登録メンバーに入り、30歳にして初めて日本代表候補に選出された[7]

2017年4月8日、J1第6節清水エスパルス戦でクラブ史上初のJ1通算300試合出場を達成[8]。同年のリーグ戦ではキャリアハイの5得点を記録した。

プレースタイル編集

本職はボランチだが、キャリアを通じてゴールキーパーを除く全てのポジションを経験しているユーティリティープレイヤーである[2]。プロ入り前はフォワードトップ下など攻撃的なポジションでプレーしていたが、柏レイソルユース時代にトップチームのエースだった玉田圭司のプレーを間近で見た際、「これはものが違いすぎる。攻撃の選手ってこういう人たちばかりなんだ」と感じ、コーチの勧めもあってプロ入り後はボランチに転向した[9][10]

キャプテンとして編集

2008年から一貫して柏レイソルの主将を務めており、卓越した戦術眼で攻守のバランスを取る「ピッチ上の指揮官」としてチームを統率するだけでなく、ピッチ外でもチームのまとめ役を担っている[3][11][12]2014年に1年間柏に在籍した高山薫は「選手同士って仲が良いからあんまり怒ったりしないんですけど、大谷選手は例えば飯でもジャンクなものとか食べていると『ありえないだろう』とか言うし、普段の生活でもちょっと怠けていたりすると普通に怒られるし。キャプテンシーがすごかったですね、ピッチ内でもピッチ外でも」と語っている[13]

2017年5月20日J1第12節ジュビロ磐田戦では、福島孝一郎主審が柏に与えたPKを副審との協議の末に取り消し、ドロップボールから試合を再開するという異例の判定があった。PKかプレーオンであれば得点のチャンスを迎えていた柏の選手達は一斉に福島主審へ詰め寄り抗議したが、主将の大谷はチームメートを下がらせ、判定を尊重して試合再開に協力的な態度を示した。この判定がレフェリーブリーフィングで取り上げられた際、日本サッカー協会審判委員会副委員長の上川徹は「とてもリスペクトある対応。チームのリーダーとしてとってくれた行動に感謝したい」と大谷に敬意を表した[14][15]

人物編集

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 23 J1 4 0 5 0 0 0 9 0
2004 16 1 4 1 1 0 21 2
2005 20 3 2 0 2 2 24 5
2006 7 J2 29 1 - 0 0 29 1
2007 J1 31 0 2 0 1 0 34 0
2008 33 3 5 0 4 0 42 3
2009 20 1 3 0 2 0 25 1
2010 J2 35 2 - 3 0 38 2
2011 J1 27 0 2 0 3 0 32 0
2012 31 1 4 0 6 0 41 1
2013 31 0 4 0 2 0 37 0
2014 30 0 10 0 2 1 42 1
2015 31 2 0 0 3 0 34 2
2016 20 1 4 0 2 0 26 1
2017 32 5 0 0 3 0 35 5
2018 25 0 3 1 2 0 30 1
2019 J2
通算 日本 J1 351 17 48 2 33 3 432 22
日本 J2 64 3 - 3 0 67 3
総通算 415 20 48 2 36 3 499 25
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2011 7 - 4 0
2012 6 0 -
2013 9 0 -
2015 9 1 -
2018 5 0 -
通算 AFC 29 1 4 0
その他の国際公式戦

記録編集

タイトル編集

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ a b 土屋雅史 (2015年11月6日). “「1試合1試合、1日1日を大事にしないといけない」柏レイソル x FC東京 Pre-match Words ~柏レイソル 大谷秀和選手編~”. J SPORTS. http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015110510015602.html 2016年2月10日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 【J1 注目選手スペシャルインタビュー】Vol.1:大谷秀和選手(柏)「面白くて熱い応援、やっぱり柏のサポーターがいちばんです」”. 2008年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月10日閲覧。
  3. ^ a b 鈴木潤. “on the way 12 大谷 秀和”. 柏レイソル公式サイト. 2016年2月10日閲覧。
  4. ^ “ぐるっと流山 柏レイソルキックオフパーティー”. 流山市公式ホームページ. (2006年2月27日). http://www.city.nagareyama.chiba.jp/397/23140/23151/20199/028686.html 2016年2月10日閲覧。 
  5. ^ “柏の心臓、大谷&栗澤がネルシーニョ監督から享受した帝王学”. ゲキサカ. (2014年11月30日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?152618-152618-fl 2016年2月10日閲覧。 
  6. ^ “新監督のサッカー、積極吸収 柏・大谷秀和(上)”. 日本経済新聞. (2015年9月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO91166220R30C15A8US0000/ 2016年2月10日閲覧。 
  7. ^ “EAFF東アジアカップ2015(8/2~9@中国/武漢)SAMURAI BLUE(日本代表)予備登録メンバー” (プレスリリース), 日本サッカー協会公式サイト, (2015年7月10日), http://www.jfa.jp/news/00006735/ 2016年2月10日閲覧。 
  8. ^ “柏・大谷、J1通算300試合出場 クラブ史上初めて”. 朝日新聞デジタル. (2017年4月8日). http://www.asahi.com/articles/ASK484TVJK48UTQP01W.html 2017年6月27日閲覧。 
  9. ^ 【第九十六回】柏レイソル ゲームキャプテン 大谷秀和「戦いの中でつかんだ勝利の条件」”. 日立ソリューションズ公式ホームページ (2013年12月19日). 2016年2月10日閲覧。
  10. ^ 石井宏美 (2014年12月11日). “満足した試合はない!柏レイソル大谷秀和のボランチ論”. サカイク. http://www.sakaiku.jp/column/hotline/2014/008191.html 2016年2月10日閲覧。 
  11. ^ 石井宏美 (2014年12月5日). “大谷秀和のサッカー観戦術「ボールのないところを観る」”. サカイク. http://www.sakaiku.jp/column/hotline/2014/008155.html 2016年2月10日閲覧。 
  12. ^ 鈴木潤 (2015年11月26日). “【2015総括】柏編|チームとしての未熟さ、勝負弱さを改善できず。好不調の波も大きかった”. サッカーダイジェストWeb. http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=12738 2016年2月10日閲覧。 
  13. ^ 【ボイス:2015年10月14日】高山薫選手[2]”. 湘南ベルマーレ公式サイト (2015年10月14日). 2016年2月10日閲覧。
  14. ^ 鈴木潤 (2017年5月26日). “【ライターコラムfrom柏】前代未聞のPK取り消しも…主将・大谷秀和が見せた“ファインプレー””. SOCCER KING. https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170526/592661.html 2017年6月27日閲覧。 
  15. ^ “磐田ー柏のPK取消は妥当「勇気のいること」 上川副委員長が見解 大谷には感謝”. デイリースポーツ. (2017年6月1日). https://www.daily.co.jp/soccer/2017/06/01/0010244495.shtml 2017年6月27日閲覧。 
  16. ^ “大谷 秀和選手が入籍” (プレスリリース), 柏レイソル公式サイト, (2012年3月20日), http://blog.reysol.co.jp/news/2012/010905.html 2016年2月10日閲覧。 
  17. ^ “大谷 秀和選手に第1子(長男)誕生” (プレスリリース), 柏レイソル公式サイト, (2015年7月2日), http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013715.html 2016年2月10日閲覧。 
  18. ^ “AFCがW杯予選予備登録メンバーを公表 日本は89人登録で憲剛、大久保、瀬戸の名も”. ゲキサカ. (2016年9月5日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?197955-197955-fl 2017年6月27日閲覧。 
  19. ^ “【日本代表】AFCがW杯最終予選予備登録97人公表! 鹿島FW鈴木、大宮MF江坂も”. スポーツ報知. (2017年3月25日). http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20170325-OHT1T50083.html 2017年6月27日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集