大谷競輪選手養成所

大谷競輪選手養成所(おおたに けいりんせんしゅ ようせいじょ)とは、福島県いわき市四倉町上仁井田に所在する、日本競輪学校合格を目標に置く養成塾のひとつである。

概要編集

1964年に当所会長である大谷博行が15歳にしてボディビルジムである『ボディビル愛好会』として創設したことをきっかけに、後にベンチプレス60kg級元世界チャンピオンである富永義信から命名を受けた大谷トレーニングセンターが端緒[1]となり、2002年6月から競輪選手を目指す専門のコースとして発足させた。

とりわけ、自転車競技経験者を対象としていない、競輪学校の『適性試験』における合格者が目立ち、生徒は地元の福島県に限らず、全国から集まっている。

主な出身者編集

参考文献編集

外部リンク編集

脚注編集