メインメニューを開く

大谷 隆三(おおたに りゅうぞう、1919年1月11日 - 2000年2月23日)は松竹株式会社社長。

経歴・人物編集

松竹創業者大谷竹次郎の次男[1]。幼稚舎から大学まで慶應義塾で過ごし、1941年経済学部卒業と同時に松竹に入社[1]

1971年に社長となったが、社内ではお飾りと目されていた[1]

放火事件編集

1971年に妻を亡くし、アルコール依存症となり、1984年2月8日長男信義に飲酒に出かけようとしたところを窘められ、激昂して東京都品川区東五反田の自宅に灯油をまいて放火した。この結果、荷物を取りに戻ろうとした住み込みの手伝いの女性が焼死した[1][2]

隆三は建造物放火容疑で逮捕起訴され、懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を受ける[1]。判決では「犯行直前の行動にはやや異常な面があり、アルコール依存症などにより必ずしも正常な精神状態にあったとは認め難い」と指摘された[1]

この事件のために隆三は社長を退任し、非常勤役員となる[1]。事件以後は東京渋谷の長女のもとに身を寄せ、完全に断酒していたと伝えられる[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『サンデー毎日』1986年10月26日号、p.27-28。
  2. ^ 毎日新聞1984年10月31日社会面