メインメニューを開く

大越 義久(おおこし よしひさ、1949年3月27日 - )は、日本の刑法学者神奈川大学教授神奈川県生まれ。

目次

略歴編集

神奈川県立川崎高等学校卒、1971年上智大学法学部卒業。73年同大学院修士課程、1980年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、「共犯の処罰根拠」で法学博士筑波大学助教授神戸大学教授、大阪地裁判事等を経て、東京大学大学院総合文化研究科教授。2013年より神奈川大学教授。

学説編集

上智大学修士課程では内田文昭に学び、東京大学博士課程で平野龍一に学ぶ。 我が国では共犯の処罰根拠については、必要的共犯など共犯の問題と関連して論じられるに留まり、それ自体を中心に扱った研究は無かった。そのような状況の中で共犯の処罰根拠を自覚的に扱い、惹起説が通説という位置づけを与えられる足がかりとなった[1]

著書編集

脚注編集

  1. ^ 豊田兼彦「共犯処罰根拠論 大越義久『共犯の処罰根拠』」伊東研祐・松宮孝明編『リーディングズ刑法』(法律文化社、2015年)収録、321頁