メインメニューを開く

概要編集

立山ケーブルの対岸にある山で、平野部からもよく見える。この山からの分岐で、高峰山への尾根、来拝山への尾根、大日連山への尾根がある。登山口の長尾峠には駐車場や簡易トイレがある他、ガンバ平とブナ平という場所では休憩所がある。

山頂からは弥陀ヶ原称名滝立山連峰などが見える[1]

生態編集

尾根沿い途中は大きな立山杉が多く自生し、山頂近くは広いブナ林がある。

また、北側斜面にはミズバショウの群生がある。


登山編集

長尾峠からまず奥長尾山を登り、そこから尾根沿いに大辻山の尾根に至り、山頂に行く。登山口の簡易トイレや途中の休憩所など比較的よく整備され、登りやすい登山道である。

別ルートとして鳥越峠から行く北尾根コースがあり、途中にミズバショウの群落がある。

参考文献編集

  • 『富山県山名録』 桂書房
  • 『富山の百山』 北日本新聞社

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^  『富山県山名録』 桂書房、2000年、161頁。

関連項目編集