大道寺氏(だいどうじし)は、日本氏族の一つ。

大道寺氏
家紋
揚羽蝶
本姓 桓武平氏維衡流?
藤原南家貞嗣流?
山背宿禰流?
家祖 ?
種別 武家
士族
出身地 山城国綴喜郡大導寺荘
主な根拠地 陸奥国津軽郡
凡例 / Category:日本の氏族

現在の京都府綴喜郡宇治田原町の大導寺が発祥と思われる。大導寺家は京都千本釈迦堂へ移住したとされている。 室町時代中期に大道寺重時伊勢盛時(後の北条早雲)らと伊豆国へ下向し、伊勢氏が戦国大名北条氏になるとその重臣として仕えた。

豊臣秀吉による小田原征伐により主家が滅びると、主家同様に支配地を失った。


子孫編集

尾張大道寺氏編集

尾張藩に仕えた大道寺氏は、元々は後北条氏家臣で、代々武蔵国河越城将を務めた。18万石を治めた河越城代・大道寺政繁の次男大道寺直重が、北条氏滅亡後に加賀前田氏を経て徳川家康の四男で尾張49万石を与えられた松平忠吉に2000石で仕えたのに始まる。忠吉時代の居城は清須にあり直重の屋敷跡周辺は今も清須市清洲町字大道寺という。

忠吉死後、尾張は家康九男徳川義直に与えられたが、直重は引き続き義直に仕える。大坂の陣を経て500石が加増され都合2500石となる。

陸奥津軽大道寺氏編集

大道寺政繁養子の直英隼人(舎人源太左衛門の嫡男)が名古屋城築城後、弘前藩主津軽信枚に請われて弘前城築城の縄張役を務めたのちに弘前藩家老となり代々弘前藩家老職を務める。

系譜編集

政繁までの系譜は諸説あり、親子関係などに不明な点があることに留意。

 
 
 
大道寺重時
 
 
 
重旨
 
 
 
重興
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政繁資親?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[福井藩士]
直繁
[尾張藩士]
(遠山)直重
[幕府旗本]
直次
[津軽藩士]
直英[※ 1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繁久直時重次直数[※ 2]直秀[※ 3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重祐(友山)直治重宗重朝直富為久[※ 4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重高直秀長野祐重長野直良直親重宗直侶直紀直珍繁清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孫九郎直澄[※ 5]直良直賢[※ 6]重右直珍直久[※ 7]直正[※ 8]直聴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直長直長直近直道杉岡正房繁糺
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直方直玄川勝氏亮一経
 
 
 
 
 
 
 
直寅内蔵助繁殖
 
 
 
 
 
 
 
直良(主水)[※ 9]権六郎久繁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直近繁元順正
 
 
 
 
 
直之順正
 
 
 
繁禎

 

太字は当主、実線は実子、点線は養子。

  1. ^ 紀州国人・舎人経忠の嫡男。
  2. ^ 尾張藩士・舎人恒忠の子。
  3. ^ 福島正之の長男。
  4. ^ 陸奥弘前藩主津軽信枚の7男。
  5. ^ 長野宮門
  6. ^ 千村市兵衛の子。
  7. ^ 加藤光隆の3男。
  8. ^ 林久平の2男。
  9. ^ 青松葉事件に関与。

関連項目編集