メインメニューを開く

大邱都市鉄道公社(テグとしてつどうこうしゃ)は、大韓民国大邱広域市の都市鉄道路線を運営・管理する公企業である。

大邱都市鉄道公社
Daegu Metropolitan Transit Corporation
ファイル:Dtro-symbol-daegu.svg
種類 公企業
市場情報 非上場
略称 DTRO
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
大邱広域市達西区月背路 250
設立 1995年11月20日
業種 陸運業
事業内容 都市鉄道運営
代表者 ホン・スンファル (社長)
資本金 46,084億ウォン(2015年)
売上高 1,660億ウォン(2015年)
従業員数 2,357人(2015年)
外部リンク http://www.dtro.or.kr/open_content_new/ko/main/index.php
テンプレートを表示
大邱都市鉄道公社
各種表記
ハングル 대구도시철도공사
漢字 大邱都市鐵道公社
発音 テグトシチョルトゴンサ
日本語読み: たいきゅうとしてつどうこうしゃ
英語表記: Daegu Metropolitan Transit Corporation (DTRO)

目次

沿革編集

前身は、大邱広域市地下鉄公社2008年10月1日に、現在の社名に変更された。

保有施設・装備編集

軌道編集

路線名称 区間 キロ程
  1号線 舌化椧谷駅 - 安心駅 28.4km
  2号線 陽駅 - 嶺南大駅 31.4km
  3号線 漆谷慶大病院駅 - 龍池駅 23.9km
軌道と建築物
  合計 1号線 2号線
軌道 本線 (km) 118.2 57.9 60.3
側線 (km) 44.5 24.9 19.6
車両基地 3 2 1
建築物 駅舎(箇所) 58 32 26
出入口(箇所) 282 130 152
換気口(箇所) 407 212 195

車両編集

地下鉄の1号線では1997年の開通に合わせて韓国のRotem社で製造された1000系電車が使用されている。車体長18m4ドアの6両編成で、ワンマン運転を行なっている。

制御装置にドイツ・シーメンス社製のGTO式のVVVFインバータを使用している。

大邱地下鉄放火事件によって2編成が焼失、廃車となっている。

地下鉄の2号線では2000系電車、モノレールの3号線では3000系電車が使用されている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集