大野八一雄

日本の将棋棋士

大野 八一雄(おおの やいちお、1959年3月7日 - )は、将棋棋士。棋士番号155。椎橋金司六段門下。2014年引退。

 大野八一雄 七段
名前 大野八一雄
生年月日 (1959-03-07) 1959年3月7日(64歳)
プロ入り年月日 1982年6月7日(23歳)
引退年月日 2014年5月1日(55歳)
棋士番号 155
出身地 東京都足立区
所属 日本将棋連盟(関東)
師匠 椎橋金司六段
弟子 宮嶋健太田中沙紀
段位 七段
棋士DB 大野八一雄
戦績
竜王戦最高クラス 4組
順位戦最高クラス C級2組(21期)
2014年6月18日現在
テンプレートを表示

棋歴 編集

奨励会への入会は16歳8ヶ月(高校2年)と非常に遅かった。しかし入会後は、初段までハイペースで昇段するなど、大きく成績を崩すことなかった。1982年6月7日、23歳で四段昇段しプロ入りを遂げた。

1990年、新人王戦で準優勝(決勝三番勝負で、森下卓に敗戦)。1998年、第11期竜王戦で、ランキング戦5組で優勝して本戦出場を果たす(6組で優勝した北島忠雄に1回戦で敗れる)。

順位戦では初参加の第42期(1983年度)よりC級2組に在籍。第46期(1987年度)及び第51期(1992年度)では7勝3敗の好成績だったが、昇級には至らなかった。第62期(2003年度)に3つ目の降級点を取り、フリークラスに降級した。その後、10年以内にC級2組昇級条件を満たすことが出来ず、規定により2014年5月1日に引退となった[1]

人物 編集

将棋の普及活動 編集

  • JR川口駅西口近くに「大野教室」を開室[2]植山悦行中井広恵夫妻を特別講師として迎え入れている。
  • 海外での普及活動に熱心であり、日本将棋連盟ロサンゼルス支部師範を務める。

弟子 編集

棋士となった弟子 編集

名前 四段昇段日 段位、主な活躍
宮嶋健太 2023年10月1日 四段

(2023年10月1日現在)

女流棋士となった弟子 編集

名前 女流プロ入り日 段位、主な活躍
田中沙紀 2021年9月1日 女流1級

(2022年7月11日現在)

  • 田中の元々の師匠は木村義徳であったが[3]、2021年6月29日に死去している。田中は2018年-2020年に女流3級(女流棋士の期限付き仮資格)であったが、期限内に昇級条件を満たせず資格取消しとなっている。その後田中は研修会に戻り、2021年8月に女流2級申請資格を得て[4]LPSAへの資格申請が受理され、2021年9月1日付でLPSA所属の女流2級となった[5]

昇段履歴 編集

主な成績 編集

在籍クラス 編集

順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
1983 42 C238
1984 43 C233
1985 44 C214
1986 45 C232
1987 46 C218 1 5組 --
1988 47 C209 2 5組 --
1989 48 C224 3 5組 --
1990 49 C218 4 5組 --
1991 50 C231 5 5組 --
1992 51 C226 6 5組 --
1993 52 C210 7 5組 --
1994 53 C217 8 5組 --
1995 54 C222 9 5組 --
1996 55 C234 10 5組 --
1997 56 C217 11 5組 --
1998 57 C228 12 4組 --
1999 58 C239 13 5組 --
2000 59 C222 14 5組 --
2001 60 C223 15 5組 --
2002 61 C220 16 5組 --
2003 62 C240 17 6組 --
2004 63 F編 18 6組 --
2005 64 F編 19 6組 --
2006 65 F編 20 6組 --
2007 66 F編 21 6組 --
2008 67 F編 22 6組 --
2009 68 F編 23 6組 --
2010 69 F編 24 6組 --
2011 70 F編 25 6組 --
2012 71 F編 26 6組 --
2013 72 F編 27 6組 --
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

表彰 編集

脚注 編集

  1. ^ 大野八一雄七段が引退”. 日本将棋連盟 (2014年5月2日). 2021年8月22日閲覧。
  2. ^ 下村記者の棋楽にいこう 第49手 大野七段の将棋教室を取材”. 将棋情報局 (2015年5月11日). 2021年8月22日閲覧。
  3. ^ 田中沙紀|女流棋士データベース|日本将棋連盟 - ウェイバックマシン(2020年8月29日アーカイブ分)
  4. ^ 田中 沙紀 女流棋士”. 川口大野教室 (2021年8月8日). 2021年8月8日閲覧。
  5. ^ 当協会所属 女流2級誕生のお知らせ”. LPSA (2021年8月31日). 2023年6月1日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集