大野實雄

大野 實雄(おおの じつお、1905年9月10日 - 1994年11月26日[1])は、日本法学者裁判官だった人物。商法学者。専門は商法全般。早稲田大学名誉教授長野県飯田市出身。「大野実雄」とも表記された。

第二早稲田高等学校卒業。1930年、早稲田大学法学部仏法科卒業。司法官試補東京地方裁判所)。1931年、東京地方裁判所判事に就任。1948年、東京地方裁判所退官。早稲田大学法学部教授。1951年、教務部長。1958年、早稲田大学図書館長。1964年、第一法学部長。1970年、比較法研究所長。1971年、日本公証法学会理事長。1976年、早稲田大学定年退職。同名誉教授。中京大学法学部教授・同大学院法学研究科教授。1977年11月、勲三等旭日中綬章を受章。1981年、中京大学退職[2]

この他に、日本公証法学会初代理事長(1970年 - 1988年)も務めた[3]

目次

エピソード編集

金澤理中村眞澄奥島孝康などの他、多くの商法学者を輩出した。

主要著書編集

  • 『国防保安法に就て』育成洞 1943年
  • 『勞働株の理論:将来の株式会社』巌松堂 1950年
  • 『企業および経営の法学』成文堂書店 1959年
  • 『法学概論』廣文堂書店 1964年
  • 『金銭貸借の法律相談』共著 学陽書房 1969年初版・1981年6訂版
  • 『株式会社の分割と分割合併』財政経済弘報社 1970年
  • 『手形法・商行為法』成文堂 1975年

脚注編集

  1. ^ 「前理事長・大野実雄先生のご逝去を悼む」『公証法学 24号』1995年6月、1-3頁
  2. ^ 以上につき、大野實雄教授略歴
  3. ^ 「前理事長・大野実雄先生のご逝去を悼む」『公証法学 24号』1995年6月、1-3頁

外部リンク編集