大野 拓史(おおの たくじ、1970年 - )は、宝塚歌劇団所属の演出家東京都出身。

略歴編集

  • 1994年、京都造形芸術大学芸術学部を卒業後、武蔵野美術大学の大学院造形研究科に入学するが中退。
  • 1996年に宝塚歌劇団に演出助手として入団。
  • 1999年、宝塚バウホール公演『エピファニー』で演出家デビュー。
  • 2008年、『夢の浮橋』で大劇場公演デビューを果たす[1]

宝塚歌劇団での作品編集

脚本・演出編集

大劇場作品
その他の劇場作品

演出のみ編集

大劇場作品
その他の劇場

新人公演の演出編集

演出助手編集

参考文献編集

  • 宝塚歌劇団『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』ISBN 4484046016

脚注編集

  1. ^ 演出家 大野拓史が語る”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 2019年11月24日閲覧。
  2. ^ 宝塚月組トップ龍真咲、ラスト公演に懸ける思い語る「織田信長に命を吹きこみたい」”. ステージナタリー (2016年2月15日). 2016年2月15日閲覧。
  3. ^ “宝塚星組「恋する輪廻」大阪公演、礼真琴主演「阿弖流為」が7月に東京大阪で”. ステージナタリー. (2017年1月13日). http://natalie.mu/stage/news/216745 2017年1月16日閲覧。 

外部リンク編集