大野拓朗

日本の俳優、モデル

大野 拓朗(おおの たくろう、1988年11月14日[1] - )は、日本の俳優モデル東京都出身[1]埼玉県さいたま市育ち。身長185cm[2]

おおの たくろう
大野 拓朗
大野 拓朗
2014年
生年月日 (1988-11-14) 1988年11月14日(32歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 185 cm
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ舞台映画
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年2月:デビュー
2010年10月:『インシテミル ~7日間のデス・ゲーム~』出演
公式サイト https://twitter.com/Takuro_Ohno
主な作品
テレビドラマ
LOVE理論
三匹のおっさん』シリーズ
とと姉ちゃん
わろてんか
西郷どん
ベビーシッター・ギン!
映画
インシテミル ~7日間のデス・ゲーム~
猫忍
テンプレートを表示

略歴編集

小学校卒業まで東京在住。中学から埼玉へ移住。

さいたま市立上大久保中学校さいたま市立浦和高等学校ではバスケットボール部に所属。1年間宅浪した後、立教大学コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科に入学、その後卒業[3]。高校在学中に、3年連続でミスター・コンテストにて優勝を果たす[4]

2009年、立教大学で第25回ミスター立教に選出される[5]

2010年1月11日、ブログを開設。

2010年1月31日「ホリプロ創業50周年記念事業」新人俳優オーディション『キャンパスター★H50with MEN’S NON-NO』でグランプリを受賞[6]

そのほかアメーバブログ賞、メンズノンノ読者投票賞、PEEK-A-BOO賞、P.S.F.A.賞の全部門受賞。

同年、映画『インシテミル~7日間のデス・ゲーム~』にて俳優デビュー[注 1][8]

2011年、『美咲ナンバーワン!!』で連続ドラマに初出演[9]。同年、DVD『いつでも笑顔でいれますように。』発売・[10]

オフィシャルファンクラブ拓友の会発足。

2012年、ダスキンのCMに起用[注 2][11]。同年、写真集『ハナ』が発売される[12]

2014年、NHK教育テレビジョンの『Let's天才てれびくん』のMCに就任(2017年まで3年間担当)。

2015年4月23日、Instagram開始。

2016年6月10日、「大野拓朗&スタッフ」ツイッターおよび大野拓朗サークルを始動。

2017年、『猫忍』で映画初主演[13]。写真集『REBORN』が発売。

2019年7月31日付で、米国へ語学留学するためホリプロを退社した[14]。「大野拓朗&スタッフ」ツイッター、大野拓朗サークルも終了。

2019年8月16日、新たにTwitterを開設。

家族編集

曾祖母は樺太大泊で居住しており、大正時代に北海道札幌市へと移住した。祖父はラーメン店すすきのキャバレーを開業して一時は成功したもののやがて経営は行き詰まり、家族を連れて上京した。父は24歳で結婚し、妻の実家の自動車部品工場を引き継いだ[15]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

ラジオドラマ編集

バラエティ編集

Web編集

舞台編集

ファッション編集

  • ボッテガ・ヴェネタ パーティー (2016年6月9日 東京)
  • アルマーニエクスチェンジ スペシャルイベント (2016年6月14日)
  • SHISEIDO ULTIMUNE 2nd ANNIVERSARY EVENT (2016年8月25日)
  • ディオール オムVIPパーティー (2017年4月19日 有明)
  • ミレニアルズ ドルチェ&ガッバーナ 東京 (2017年10月4日 伊勢丹新宿店本店)
  • PITTI IMMAGINE UOMO (2018年8月 フィレンツェ)
  • ブルックス ブラザーズ ランウェイショー (2019年5月23日 神宮外苑)
  • Longchamp表参道店のオープニングセレモニー (2017年10月19日)
  • SHISEIDO MEN (2017年11月21日) トゥモローランド
  • 「POLICE」2018年ジュエリー&ウオッチコレクションの日本イメージモデルに就任 (2018年6月29日)

ゲーム編集

ラジオ編集

  • おとべん! (2009年11月末)
  • Animo! (2010年1月26日、FM横浜)
  • タクロク(2010年4月 - 2011年3月、Kiss-FM KOBE 毎週土曜日 20:00 - 20:30、FM YOKOHAMA 毎週日曜日 21:00 - 21:30)
  • タクロク(2011年4月 - 2012年3月、FM YOKOHAMA 毎週日曜日 21:00 - 21:30)
  • 西田征史のためになるラジオ (2016年5月27日 22時〜FMヨコハマ) ゲスト
  • 中山優馬 RADIO CATCH (2106年6月16日 JFN) ゲスト
  • 中山優馬 RADIO CATCH (2106年6月23日 JFN) ゲスト
  • よんぱち (2016年7月1日 TOKYO FM) ゲスト
  • J-WAVE SPECIAL TUNE INTO THE FUTURE 1988 (2017年10月1日、J-WAVE) ゲスト
  • 菊正宗ほろよいイブニングトーク (2018年12月31〜2019年1月4日、ニッポン放送) ゲスト
  • TRUME TIME AND TIDE (2019年9月28日、J-WAVE) ゲスト
  • TANSAN HOUR 今夜もシュワシュワ (2019年11月28日、12月5日、12月26日、FM YOKOHAMA) ゲスト
  • TANSAN HOUR 今夜もシュワシュワ (2020年1月〜最終週、FM YOKOHAMA) 月1レギュラー

CM編集

  • 江崎グリコ 「日本縦断グリコワゴン準備」篇 (2010年12月4日~12月18日 )
  • 江崎グリコ 「日本縦断グリコワゴン 鹿児島(奄美大島)/大野拓朗」篇(2011年2月14日)
  • ダスキン 僕は出会ってしまった・掃除をする息子 「よろしく  LaLa」篇 (2012年2月1日〜) 8人家族の長男・拓朗 役[29]
  • ダスキン 僕は出会ってしまった・父と似てきた息子 「よろしく レンジフード」篇(2012年2月3日〜)
  • ダスキン 東京スカイツリーに来た家族 「ビジネスサービス」篇 (2012年8月18日〜)
  • JT(日本たばこ産業株式会社)「Seven Stars」(2016年 - 2017年)
  • 本田技研工業「ホンダトータルケア」(2016年 - )
  • JR東海 トーキョーブックマーク (2016年6月18日〜) 東海地区と関西地区
  • JR東海「tokyobookmark シンプルプライス」篇 (2016年9月10日〜10月2日) 名古屋地区、関西地区
  • JR東海「tokyobookmark 旅行会社店頭」篇 (2016年9月10日〜10月2日) 名古屋地区、関西地区
  • 日本マクドナルド『プレミアムローストコーヒー』10/16から5日間 先着1億3千万名様無料・もうすぐ 「無料の衝撃」篇 (2017年10月11日〜)
  • 日本マクドナルド『シナモンメルツ』欲しい?・ついに復活 「とろけるデート」篇 (2017年10月16日〜)
  • 日本マクドナルド『プレミアムローストコーヒー』ついに始まった・10/20まで15-19時無料 「ついに始まった」篇 (2017年10月16日〜)
  • 日本マクドナルド『カフェラテ』バリスタ世界一・新生ラテ 「バリスタ登場」篇 (2018年1月15日〜)
  • Sky株式会社 仲間となら叶えられる夢がある「仲間となら」篇(2018年11月1日〜)

ミュージック・ビデオ編集

  • ET-KING「約束」(2011年)
  • USAGI「Hello」(2014年)

雑誌編集

  • MEN'S NON-NO 2011年8月号
  • anan 2011年7月27日発行
  • ヤングマガジン 2014年4月14日発売20号 『デスペナ』応援コメント
  • ViVi 2014年9月号
  • with 2014年12月号
  • 月刊エンタミクス 2015年1月20日発売号
  • ViVi 2015年6月号
  • INRED 2016年4月号
  • mini 2016年5月号
  • steedy 2016年5月号
  • CLASSY 2016年
  • with 2016年
  • Ane Can 2016年7月号
  • JJ 2016年8月号
  • Myojo 2016年8月号
  • ViVi 2016年11月号
  • CLASSY 2017年2月号
  • CLASSY 2017年8月号
  • 週刊女性 2017年12/5発売号
  • 装苑 2018年2月号
  • 週刊文春 2018年1/10発売号
  • 週刊文春 2018年1/18発売号
  • dancyu 2018年3月号
  • ザテレビジョン 2018年3月
  • BARFOUT 2018年3月
  • GQJAPAN 2018年8月24日発売
  • TOKYOVOICE VOL.9 2020年1月29日から配布
  • dancyu web 大野拓朗のニューヨーク☆デリバリー事情 2020年4月25日から週1連載

写真集編集

  • 大野拓朗 ファースト写真集 『 ハナ 』(2012年1月28日)
  • 『REBORN』(2017年1月16日)

カレンダー編集

  • 2011年
  • 2015年
  • 2017年

DVD編集

  • いつでも笑顔でいれますように(2011年2月2日)
  • インシテミル (2011年2月23日)
  • 美咲ナンバーワン!! (2011年6月22日)
  • 熱中時代スペシャル (2011年8月10日)
  • ブルドクター (2011年11月23日)
  • ライアーゲーム -再生- (2012年9月19日)
  • レシピエント (2012年4月)
  • 悪夢ちゃん (2013年03月20日)
  • SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 〜零〜 (2013年10月30日)
  • 熱血硬派くにおくん (2013年12月4日)
  • オンナ♀ルール 幸せになるための50の掟 (2014年1月22日)
  • 黒執事 (2014年6月4日)
  • 三匹のおっさん〜正義の味方、見参〜 (2014年6月4日)
  • 埼玉家族 (2014年6月27日)
  • SAKURA~事件を聞く女~ (2015年3月18日)
  • くるみ割り人形 (2015年6月17日)
  • 花燃ゆ 完全版 第壱集 (2015年8月19日)
  • LOVE理論 (2015年8月19日) インタビュー記事
  • 三匹のおっさん 2 ~正義の味方、ふたたび!!~ (2015年9月2日)
  • ヴェニスの商人 (2015年10月7日)
  • 花燃ゆ 完全版 第弐集 (2015年12月16日)
  • 花燃ゆ 完全版 第参集 (2016年3月16日)
  • 花燃ゆ 総集編 (2016年4月22日)
  • セーラー服と機関銃 -卒業- (2016年8月3日)
  • とと姉ちゃん DVD BOX1 (2016年8月26日)
  • とと姉ちゃん DVD BOX2 (2016年12月21日)
  • 高台家の人々 (2016年12月21日)
  • とと姉ちゃん DVD BOX3 (2016年12月22日)
  • スペシャルドラマ 天才バカボン~家族の絆 (2016年12月28日)
  • ホーンテッド・キャンパス (2017年01月13日)
  • 9つの窓 (2017年6月28日)
  • 特別ドラマ企画「天才バカボン2」(2017年7月19日)
  • 三匹のおっさん 3 ~正義の味方、みたび!!~ (2017年7月19日)
  • 銭形警部 (2017年7月26日)
  • サバイバルファミリー (2017年9月20日)
  • わろてんか 完全版 (2018年06月20日)
  • わろてんか スピンオフ ラブ&マンザイ LOVE and MANZAI (2018年9月26日)
  • 役者ダマしい (2018年1月2日)
  • 台湾より愛をこめて (2018年1月2日)
  • グッド・バイ (2018年12月19日)
  • 旅猫リポート (2019年4月24日)
  • 大河ドラマ 西郷どん 完全版 第参集 (2018年12月19日)
  • 西郷どん 完全版 第四集 (2019年3月20日)
  • 西郷どん 総集編 (2019年4月26)
  • ロミオ&ジュリエット ホワイトバージョン (2019年8月1日)
  • Bの戦場 (2019年10月2日)


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 本作で北大路欣也と共演した大野は、2013年のテレビドラマ『三匹のおっさん〜正義の味方、見参!!〜』で北大路と3年ぶりの共演を果たす[7]
  2. ^ 大野は8人家族の長男を演じ、父親役で鴻上尚史が出演している[11]
  3. ^ 吉沢亮とダブルキャスト出演

出典編集

  1. ^ a b c 大野拓朗のプロフィール”. ORICON NEWS. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ DUSKIN x Pen エコTシャツデザイン大賞 2012|審査員”. www.duskin.co.jp. 2020年5月26日閲覧。
  3. ^ 大野拓朗”. ホリプロ. 2014年12月10日閲覧。
  4. ^ 新人俳優発掘オーディション『キャンパスター★H50with Men’s NON-NO』最終選考【大野拓朗】”. 女性自身 (2010年2月9日). 2014年12月10日閲覧。
  5. ^ 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』大ヒット御礼イベント 第26回ミス・ミスター立教が決定”. 映画ナビ (2010年11月1日). 2014年12月10日閲覧。
  6. ^ ホリプロ新星は“ミスター”常勝イケメン”. 日刊スポーツ (2010年2月1日). 2014年12月10日閲覧。
  7. ^ 大野拓朗、連ドラで野望チラリ 北大路欣也と3年ぶり共演で「成長見せたい」”. ORICON STYLE (2013年11月4日). 2014年12月10日閲覧。
  8. ^ キャンパス王子・大野拓朗『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』で映画デビュー! 目指すスターはウォンビン!”. シネマトゥデイ (2010年10月15日). 2014年12月10日閲覧。
  9. ^ 大野拓朗、初連ドラにも物怖じせず「一番伸びるのは僕」”. ORICON STYLE (2010年1月26日). 2014年12月10日閲覧。
  10. ^ 現役立大生、大野拓朗がマツイ棒秘話語る”. 日刊スポーツ (2011年5月15日). 2014年12月10日閲覧。
  11. ^ a b 新鋭俳優・大野拓朗、「刺激的だった」テレビCM初出演”. ORICON STYLE (2012年1月27日). 2014年12月10日閲覧。
  12. ^ 「ミスター立教」大野拓朗が初写真集”. 日刊スポーツ (2012年1月29日). 2014年12月10日閲覧。
  13. ^ a b c “大野拓朗が映画初主演 猫+忍者で“癒し時代劇”再び”. ORICON STYLE. (2016年10月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2080107/full/ 2016年10月19日閲覧。 
  14. ^ 大野拓朗「ホリプロ」退社していた…米国に語学留学へ”. hochi.news. 日刊スポース (2019年8月9日). 2019年8月9日閲覧。
  15. ^ 俳優 大野拓朗のルーツはすすきの!? ~「ファミリーヒストリー」北海道スペシャル(1)
  16. ^ “キャスト”. 映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」公式サイト. http://sk-movie.jp/cast/ 2016年4月27日閲覧。 
  17. ^ 島崎遥香、映画『ホーンテッド・キャンパス』ヒロイン役 中山優馬と共演”. ORICON STYLE (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  18. ^ “広瀬アリス&大野拓朗、福士蒼汰主演「旅猫リポート」で夫婦役!山本涼介、前野朋哉も出演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年6月21日). https://eiga.com/news/20180621/4/ 2018年6月25日閲覧。 
  19. ^ タモリ、実写版『バカボン』主題歌を担当「受けない訳にはいかない」”. ORICON STYLE (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  20. ^ ORICON STYLE (2015年11月6日). “『とと姉ちゃん』ヒロイン父に西島秀俊 追加キャスト15人発表”. 2015年11月6日閲覧。
  21. ^ “大野拓朗、特攻兵役で中学生以来の丸刈り「改めて身が引き締まる思い」”. スポーツ報知. (2016年6月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160626-OHT1T50222.html 2016年6月27日閲覧。 
  22. ^ “大野拓朗“ヤクザの息子”に変身 初の全身入れ墨&初トライバル”. ORICON STYLE. (2016年8月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2075667/full/ 2016年8月3日閲覧。 
  23. ^ “二階堂ふみ、教師役でドラマ初主演「ずっとやってみたいと思っていた」”. ORICON STYLE. (2016年9月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2078006/full/ 2016年9月7日閲覧。 
  24. ^ “大野拓朗が「嫌なヤツ」、テレ東系サスペンス「望郷」で初挑戦”. スポーツ報知. (2016年9月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160916-OHT1T50123.html 2016年9月16日閲覧。 
  25. ^ “大和和紀「ベビーシッター・ギン!」NHKでTVドラマ化!ギン役は大野拓朗”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年5月7日). https://natalie.mu/comic/news/330441 2019年5月7日閲覧。 
  26. ^ “大野拓朗&生田絵梨花「ロミオ&ジュリエット」共演”. 日刊スポーツ. (2016年4月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1626778.html 2016年4月5日閲覧。 
  27. ^ “ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』上演中! ピュアで透明感が際立つ、大野拓朗&木下晴香”. spice. https://spice.eplus.jp/articles/228903 
  28. ^ “福田雄一演出「プロデューサーズ」に井上芳雄、吉沢亮、大野拓朗ら”. ステージナタリー. (2020年2月28日). https://natalie.mu/stage/news/369033 2020年2月28日閲覧。 
  29. ^ 大野拓朗さんを主演に起用した企業CMを、2月1日から順次放映します”. 株式会社ダスキン (2012年1月27日). 2014年12月10日閲覧。

外部リンク編集