大野新道停留場

かつて日本の北海道函館市にあった函館市電の停留場

大野新道停留場(おおのしんどうていりゅうじょう)は、かつて函館市亀田町にあった函館市交通局(現・函館市企業局交通部、函館市電)本線の停留所である[1]

本停留場の近くにあった交差点から道道100号国道227号を経由して大野町(現・北斗市)へ向かうことができた。この道路は現在でも「大野新道」と呼ばれている。

構造編集

周辺編集

歴史編集

隣の停留場編集

函館市交通局
本線(1978年11月1日廃止)
亀田町停留場 - 大野新道停留場 - 鉄道工場前停留場

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 今尾恵介 編 『日本鉄道旅行地図帳 1号 北海道』新潮社、2008年、25頁。ISBN 978-4-10-790019-7 

関連項目編集