メインメニューを開く

大野 武雄(おおの たけお、1944年6月23日[1] - )は、日本脚本家。映像作品を主に執筆している。東京都出身[1]

目次

略歴編集

シナリオ研究所にて白坂依志夫に師事し[要出典]、大学在学中にドラマ『コメットさん』で脚本家デビュー[1]。大学卒業後は銀行員、芸能プロダクションのデスクワークなどを経て、関西ローカルの刑事ドラマ部長刑事』を機に本格的に脚本業を再開した[2][1]。以来『特捜最前線』『西部警察』『名探偵コナン』などのアクション・ミステリ物を多数手掛ける[1]

作風編集

1970年代から1980年代にかけて刑事ドラマでの登板が多く、同ジャンルには欠かせない存在の1人であった。その作風はある理由で不幸な境遇に見舞われた人物の悲劇を非情かつ極限にまで描き、そのキャラクターを窮地に追い込むという作劇である。そのため、レギュラー刑事の退場劇を任されることが多い。ハードアクションから人間ドラマ、サスペンスまで幅広くこなす。

脚本作品編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 183, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  2. ^ #236&237は大野武雄さん : カフェ・ラ・テ(ラジオ日本)

参考文献編集

  • 宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報2016』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、2016年3月28日。ISBN 978-4-7986-1202-7