メインメニューを開く

大野郡 (美濃国)

日本の岐阜県(美濃国)に存在した郡
岐阜県大野郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

大野郡(おおのぐん)は岐阜県美濃国)にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 瑞穂市の一部(重里、美江寺、十七条、十八条、古橋、横屋、宝江、犀川以西)
  • 本巣市の一部(上保・郡府・北野・春近・石原・三橋・仏生寺・政田・浅木・温井・海老・下福島・根尾宇津志・根尾高尾・根尾水鳥・根尾松田・根尾大井・根尾大河原・根尾能郷)
  • 揖斐郡揖斐川町の一部(揖斐川以東および下岡島・上岡島)
  • 揖斐郡大野町の全域
  • 揖斐郡池田町の一部(杉野)
  • 安八郡神戸町の一部(西座倉)

西側は揖斐川、東側は根尾西谷川・根尾川犀川などに挟まれた南北に長い地域に存在した。

歴史編集

  • 1701年元禄14年)以前 - 辻沢村が分割して辻村・沢村となる[1]

近世以降の沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 4村 島村、西方村、志名村、古橋村
旗本領 49村 福島村(現・揖斐郡揖斐川町)、居倉村、温井村、南方村(現・揖斐郡大野町)、東杉原村、鬼姫生村、徳山村、山手村、櫨原村、塚村、●能郷村、●五ノ里村、中之元村、小野村、大野村、北領家村、南領家村、下有里村、西座倉村、東座倉村、田ノ上村、唐栗村、三日市場村、公郷村、島部村、杉野村、中村[2]、深根村[2]、肥田村[2]、小洞村[2]、結城村、古川村、西村、●三輪村、北方村、極楽寺村、南方村(現・揖斐郡揖斐川町)、●房島村、中津原村、伊尾野村、仁坂村、大光寺村、小谷村、志津山村、野村(現・揖斐郡揖斐川町)、長良村、数屋村、随原村、●清水村
幕府領・旗本領 3村 一ツ木村、大衣斐村、下岡島村
藩領 美濃大垣藩 36村 岐礼村、高科村、宝江村、大月村、呂久村、中宮村、宮田村、福島村(現・本巣市)、森村、相羽村、野村(現・揖斐郡大野町)、六里村、桜大門村、東黒野村、西上秋村、●木振村、更地村、赤石村、石神村、屋井村、海老村、下方村、国領村、●谷汲村、下長瀬村、上長瀬村、東津汲村、樫原村、宇津志村、小津村、本庄村、高尾村、水鳥村、大井村、大河原村、稲畑村
尾張名古屋藩 9村 西黒野村、辻村、沢村、小衣斐村、下座倉村、東横山村、郡家村、乙原村、上岡島村
三河大垣新田藩 7村 八木村、宝来村、寺内村、大洞村、府内村、木曽屋村、有鳥村
美濃岩村藩 3村 松山村、名礼村、浅木村
岩村藩・美濃野村藩 1村 瀬古村
幕府領・藩領 幕府領・旗本領・大垣藩 1村 上磯村
旗本領・大垣藩 7村 堤村、横屋村、北脇村、下磯村、加納村、●高屋村、有里村
旗本領・大垣藩・野村藩 1村 政田村
旗本領・名古屋藩 1村 下岡島村
旗本領・野村藩 1村 牛洞村
旗本領・岩村藩 2村 麻生村、●神原村
  • 慶応4年
  • 明治2年5月27日1869年7月6日) - 大垣新田藩が藩庁を移転して野村藩となる。
  • 明治初年 - 領地替えにより、旗本領の一部(下岡島村)が大垣藩領、大垣藩領の一部(桜大門村・赤石村・下長瀬村・上長瀬村)が野村藩領、大垣藩領の一部(岐礼村・高科村)・名古屋藩領の大部分(西黒野村を除く)が笠松県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治6年 - 福島村(現・本巣市)が改称して下福島村となる。
  • 明治7年(1874年)9月[3](119村)
    • 野村(現・揖斐川町上野)が改称して上野村となる。
    • 西村・中村・深根村・肥田村・小洞村が合併して深坂村となる。
    • 伊尾野村・南方村(現・揖斐郡揖斐川町)が合併して上南方村となる。
    • 木振村・更地村が合併して稲富村となる。
  • 明治8年(1875年
    • 1月 - 以下の各村の統合が行われる[4]。(110村)
      • 長瀬村 ← 上長瀬村、下長瀬村、赤石村、府内村
      • 徳積村 ← 結城村、谷汲村
      • 公郷村 ← 公郷村、宝来村、八木村、島部村
      • 七崎村 ← 一ツ木村、東座倉村
      • 三日市場村が本巣郡十五条村と合併して本巣郡重里村となる。
    • 6月 - 鬼姫生村が東杉原村に、堤村・北脇村が古橋村にそれぞれ合併。(107村)
    • 7月1日 - 北領家村・南領家村が合併して領家村となる。(106村)
    • 11月 - 中津原村・仁坂村が合併して若松村となる。(105村)
    • 12月1日 - 東黒野村・西黒野村が合併して黒野村となる。(104村)
    • 南方村(現・揖斐郡大野町)が改称して下南方村となる。
  • 明治12年(1879年2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての大野郡が発足。「大野池田郡役所」が三輪村に設置され、池田郡とともに管轄。
  • 明治22年(1889年)7月1日 - 町村制の施行により、揖斐町(現・揖斐郡揖斐川町)、西根尾村(現・本巣市)、横蔵村北方村清水村(現・揖斐郡揖斐川町)、豊木村(現・揖斐郡大野町)、長瀬村岐礼村高科村名礼村深坂村大洞村徳積村上南方村房島村若松村極楽寺村(現・揖斐郡揖斐川町)、松山村瀬古村牛洞村中之元村稲富村上秋村稲畑村古川村寺内村公郷村領家村大衣斐村小衣斐村(現・揖斐郡大野町)、杉野村(現・揖斐郡池田町)、黒野村相羽村下方村六里村麻生村加納村五ノ里村下南方村郡家村上磯村下磯村本庄村(現・揖斐郡大野町)、西座倉村(現・安八郡神戸町)、下座倉村(現・揖斐郡大野町)、政田村海老村浅木村温井村下福島村(現・本巣市)、唐栗村七崎村居倉村森村田ノ上村宮田村大月村古橋村横屋村中宮村呂久村宝江村(現・瑞穂市)が発足。それにともない以下の変更が行われる。(1町61村)
    • 揖斐町 ← 三輪村、上岡島村、下岡島村、大光寺村、小谷村、小野村、志津山村、上野村
    • 西根尾村 ← 高尾村、大井村、大河原村、能郷村、水鳥村、宇津志村
    • 横蔵村 ← 木曽屋村、神原村、有鳥村
    • 豊木村 ← 野村、西方村、桜大門村、大野村
    • 西上秋村が改称して上秋村となる[5]
    • 島村・福島村(現・揖斐郡揖斐川町)・長良村が清水村に、志名村が松山村に、辻村・沢村が瀬古村に、下有里村が下磯村に、国領村が政田村にそれぞれ合併。
    • 東横山村・東杉原村・乙原村・東津汲村・樫原村・小津村の所属郡が池田郡に変更。
    • 徳山村・山手村・櫨原村・塚村が池田郡徳山村の一部となる。
    • 屋井村・石神村・上高屋村・数屋村・有里村・随原村の所属郡が本巣郡に変更。高屋村が即日改称して上高屋村となる。
  • 明治30年(1897年4月1日
    • 郡制の施行のため、池田郡および大野郡の一部の区域をもって揖斐郡が、本巣郡・席田郡および方県郡・大野郡の各一部の区域をもって、改めて本巣郡がそれぞれ発足。同日大野郡廃止。
    • 古橋村・横屋村・中宮村・呂久村・宝江村が合併して本巣郡鷺田村が発足。
    • 唐栗村・七崎村・居倉村・森村・田ノ上村・宮田村・大月村が合併して本巣郡川崎村が発足。
    • 政田村・海老村・浅木村・下福島村・温井村が合併して本巣郡弾正村が発足。
    • 西根尾村の所属郡が本巣郡となる。
    • 上記以外の各村は揖斐郡の所属もしくは同日発足の揖斐郡の各村の一部となる。

脚注編集

  1. ^ 元禄14年の美濃国郷帳による。
  2. ^ a b c d 深坂村1村として記載。
  3. ^ 明治7年9月岐阜県第187号布達
  4. ^ 明治8年1月岐阜県第17号布達
  5. ^ 明治30年(1897年4月1日に西上秋村から富秋村大字上秋となったとする史料もある。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1897年
次代:
揖斐郡本巣郡