メインメニューを開く

大野駅

日本の福島県双葉郡大熊町にある東日本旅客鉄道の駅

大野駅(おおのえき)は、福島県双葉郡大熊町大字下野上(しものがみ)字大野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線である[1]

大野駅
大野駅西口(2012年3月、東北地方太平洋沖地震後)
大野駅西口(2012年3月、東北地方太平洋沖地震後)
おおの
Ōno
夜ノ森 (4.9km)
(5.8km) 双葉
福島県双葉郡大熊町大字下野上字大野248[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 常磐線
キロ程 257.9km(日暮里起点)
電報略号 ノオ←ノヲ
駅構造 地上駅橋上駅[1]
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
616人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1904年明治37年)11月22日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[1]
テンプレートを表示
大野駅全景(西口から地震前)
大野駅全景(西口から地震前)
大野駅から原ノ町方面を臨む
大野駅から原ノ町方面を臨む
大野駅から富岡方面を臨む
大野駅から富岡方面を臨む
駅構内(2008年3月)
駅構内(2008年3月)

東日本大震災福島第一原子力発電所事故により、休止中である[1]

概要編集

当駅は大熊町(旧)大野村の中心駅である。 前述のように当駅は東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故の影響で営業休止中である。2020年(令和2年)3月まで、当駅を含む富岡-浪江間の復旧をもって営業再開予定[2]

当駅における運行形態(震災前)編集

  • 上り(富岡・いわき日立水戸方面)
    • 日中は概ね1-2時間に1本の普通列車(いわき行、一部水戸行)が停車していた。
  • 下り(浪江・原ノ町相馬仙台方面)
    • 日中は上り同様、概ね1-2時間に1本の普通列車(原ノ町行、一部仙台行)が停車していた。
  • 当駅を通る特急「スーパーひたち」は、午前中の上り1本を除いて、全列車当駅に停車していた。

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅橋上駅)。駅舎は1987年に改築されたもので、エレベーターが設置されている。当駅から双葉駅までは複線化されており、富岡方面には安全側線、下り線の西側には側線が設けられているが、2020年3月の営業再開時、同区間は単線化される予定となっている。駅長室は西口側にある。また、営業再開に向けて改修されるとのこと[6]

業務委託駅JR東日本ステーションサービスが受託)で、みどりの窓口(営業時間 6時 - 20時)および自動券売機が設置されている。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 常磐線 下り 原ノ町仙台方面
2 上り 富岡いわき水戸方面

利用状況編集

JR東日本によると、2010年度(平成22年度)の1日平均乗車人員は616人であった[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。東日本大震災発生前から減少傾向が続いていた。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
備考 出典
2000年(平成12年) 735   [利用客数 2]
2001年(平成13年) 741   [利用客数 3]
2002年(平成14年) 739   [利用客数 4]
2003年(平成15年) 753   [利用客数 5]
2004年(平成16年) 703   [利用客数 6]
2005年(平成17年) 702   [利用客数 7]
2006年(平成18年) 680   [利用客数 8]
2007年(平成19年) 647   [利用客数 9]
2008年(平成20年) 629   [利用客数 10]
2009年(平成21年) 610   [利用客数 11]
2010年(平成22年) 616   [利用客数 1]
2011年(平成23年) 営業休止 2011年3月11日以降
原発事故により
営業休止
 
2012年(平成24年)  
2013年(平成25年)  
2014年(平成26年)  
2015年(平成27年)  
2016年(平成28年)  
2017年(平成29年)  
2018年(平成30年)  

駅周辺編集

大熊町の中心部に位置している。当駅から国道を挟んで約3km東方に福島第一原子力発電所があり、最寄り駅となっていた。

駅周辺は福島第一原子力発電所事故による帰還困難区域内であり、付近への立ち入り自体が禁止されている。

東日本大震災による影響編集

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、当駅では駅舎の天井板の一部が剥がれ落ちた[8]。また、駅前ロータリーを整備中であったため、2012年7月のガジェット通信の取材では、重機がそのままとなっている[9]

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
常磐線
夜ノ森駅(休止中) - 大野駅(休止中) - 双葉駅(休止中)

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』50号 郡山駅・会津若松駅・三春駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月4日、21頁。
  2. ^ JR常磐線、復旧工事を公開=20年3月までに全線再開
  3. ^ 「常磐線で急行「北上」転覆 4人死亡29人重軽傷」『読売新聞』1957年5月18日朝刊7面
  4. ^ “JR東日本、常磐線小高~原ノ町間は7月12日再開…避難指示解除受け”. レスポンス. (2016年6月1日). http://response.jp/article/2016/06/01/276190.html 2016年7月31日閲覧。 
  5. ^ 常磐線の全線運転再開について (PDF)”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2016年3月10日). 2016年7月31日閲覧。
  6. ^ 福島県大熊町議会だより『おおくま』 No.44 2018年2月1日
  7. ^ a b 海岸線沿いの散策を楽しむ (大熊町) 『福島の旅』うつくしま観光プロモーション推進機構
  8. ^ 鈴木健児(写真報道局)「【みちのく桜だより】いつか、また自由に~警戒区域の福島県大熊町」『MSN産経』2012年4月21日
  9. ^ 【写真:原発20キロ圏内のリアル】ライトアップされた福島第一原発―JR大野駅(大熊町)」『ガジェット通信』2012年7月22日

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集