メインメニューを開く

大長寺(だいちょうじ)は大阪市都島区中野町[1]にある浄土宗の寺院。

大長寺(だいちょうじ)
Daityo-ji1.jpg
所在地 大阪府大阪市都島区中野町2丁目1番14号
位置 北緯34度41分54.71秒
東経135度31分35.37秒
座標: 北緯34度41分54.71秒 東経135度31分35.37秒
山号 川向山
院号 普照光院
宗旨 浄土宗
宗派 黒谷紫雲山金戒光明寺
本尊 阿弥陀如来
創建年 慶長10年(1605年
開基 佐々木高久
正式名 川向山普照光院大長寺
札所等 大阪新四十八願所阿弥陀巡礼第7番
法人番号 7120005001405
テンプレートを表示

目次

概要編集

慶長10年(1605年)、毛利輝元の一族である佐々木高久が外祖父の毛利定春の冥福を祈って建立[2][3]

浄瑠璃心中天網島」の主人公である小春・治兵衛の比翼塚がある[2]享保5年(1720年)10月14日、妻子ある紙屋治兵衛と遊女の小春が網島の同寺で心中するという事件が起こった[4][5]。その事件を元に近松門左衛門が2か月後の12月に書き下ろしたのが同作品である[5]。以来大長寺は小春・治兵衛ゆかりの地として知られる様になった[2][6]

江戸時代は現在地より約500m南の現在藤田美術館のある場所一帯にあった[7]が、明治42年(1909年)、実業家の藤田伝三郎により、大長寺のあった土地は邸宅用地として買収され[7]、藤田家の寄進により、同寺は現在地に移転し[2][3]、その際比翼塚も移築された[7]

1945年昭和20年)6月7日の第3回大阪大空襲により本堂は焼失[2][3]1971年(昭和46年)に再建されるまで仮本堂であった[2][3]

寺宝編集

心中天網島の書置き[2](治兵衛と小春の遺書[4]

 
大長寺 (大阪市)、比翼塚

交通アクセス編集

大阪市営バス 東野田停留所 より北へ約100メートル

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東成郡中野村、都島村中野
  2. ^ a b c d e f g 『全国寺院名鑑 近畿篇』全日本仏教会、寺院名鑑刊行会、1973年、改定第3版、187p。
  3. ^ a b c d 大阪新四十八願所阿弥陀巡礼 / 第7番「大長寺」. 大阪新四十八願所阿弥陀巡礼 公式ホームページ.2015年5月9日閲覧
  4. ^ a b 新関西笑談 再発見大阪をあそぶ.『産経新聞』.2009年11月27日付夕刊、5面
  5. ^ a b 豊竹咲大夫 51年ぶり一人通し 生誕360年 近松門左衛門の最高傑作「心中天網島」.『産経新聞』.2013年5月12日付朝刊、11面
  6. ^ 16日から「名作・心中天網島―」 市民講座参加者を募集.『産経新聞』.2011年11月9日付朝刊、22面
  7. ^ a b c 55.大長寺(だいちょうじ)”. 大阪市ホームページ. 2015年5月9日閲覧。

参考文献編集

  • 『全国寺院名鑑 近畿篇』 (改定第3版) 全日本仏教会、寺院名鑑刊行会、1973年。 

関連項目編集