メインメニューを開く

大阪で生まれた女

大阪で生まれた女」(おおさかでうまれたおんな)は、 BOROの2枚目のシングル。1979年8月1日発売。発売元はポリドール・カメリアレコード。

大阪で生まれた女
BOROシングル
B面 Hey!ミスターボーン
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ポリドール・カメリアレコード
BORO シングル 年表
都会千夜一夜
1979年
大阪で生まれた女
(1979年)
見返り美人
1980年
テンプレートを表示

目次

解説編集

BOROが大阪・北新地で弾き語りをしていた当時、若い客からの「自分たちが歌える大阪の歌がない」という不満に答える形で制作された[1]。ポップスでは上田正樹の「悲しい色やね」と並ぶ、大阪のご当地ソングの代表曲である[2]

オリジナルは18番まで歌詞がある34分の曲である[2]。このシングル版では原曲の4番、6番と、16番の一部の歌詞を用いている[2]。4番を選んだ理由は「ディスコ」という、発売当時の世相を表すキーワードが入っているからであった[1]。本シングルはオリコン調べで累計17万9000枚を売り上げた[2]

タイトル通り「大阪で生まれた女」が、高校のときに出会った恋人と愛し合った日々を綴っている。夢を追い上京する男についていき、立教大学近くで暮らすが、最終的に女は別れを選び、大阪に戻る。二人はそれぞれ違う伴侶を得たことも描かれている。いっぽう、シングル版では上京と別れたことだけが描かれる。

この曲の主人公の女性にはモデルはなく、BOROが考える理想の女性像をもとにイメージを膨らませた架空の存在である[2]

1979年5月1日、BOROよりも先に、萩原健一がシングルを発売している(徳間音楽工業 バーボンレコード BMA-1023)。

2003年9月10日には、この曲の替え歌である「大阪で生まれた男」(阪神タイガース承認の同球団応援歌)が発売された。

2015年9月16日に、河島英五桑名正博やしきたかじんら大阪出身の歌手の大阪ソングを集めたアルバム『大阪で生まれた歌』の12番目に2015年版「大阪で生まれた女19」を収録。(5番目に1979年版「大阪で生まれた女」を収録)36年ぶりの2015年版は19番から21番を収録し、女の年齢は61歳で娘の家族と、大阪都構想当時の上六を歩く場面で構成されている。続きを描いてほしいという声に応えたものであり、BOROはさらなる続編の制作にも意欲を見せている[1]

収録曲編集

(全作詞・作曲:岡山準三&BORO/編曲:BORO&ROLLING CLUB BAND)

  1. 大阪で生まれた女
  2. Hey!ミスターボーン

再発売シングル編集

  • 1992年12月21日「大阪で生まれた女・18」(徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-30724)
※歌詞が18番までのフルバージョン
  • 1993年12月21日「大阪で生まれた女」(徳間ジャパンコミュニケーションズ TKDA-70249)
  • 1997年9月3日「大阪で生まれた女1979」(ポリスター&BBBレコード PSDR-5293)

カバー編集

2000年時点で約30人の歌手が持ち歌にしている[2]

エピソード編集

 テレビや雑誌等で大阪の歌を選ぶアンケートでは常に上位にランキングされており、大阪人に最も馴染み深い曲の一つである。

脚注編集

  1. ^ a b c 昭和は輝いていたBSジャパン・2017年4月7日
  2. ^ a b c d e f 「大阪で生まれた女(おおさか歌物語:6)」、『朝日新聞』2000年1月12日付朝刊、27頁(大阪)。

関連項目編集

  • NHKドラマ新銀河「大阪で生まれた女やさかい」(1993年5月10日~6月10日、主題歌はBOROの「かくれんぼやめた」)