メインメニューを開く

大阪体育大学短期大学部

大阪体育大学短期大学部(おおさかたいいくだいがくたんきだいがくぶ、英語: Osaka University of Health&Sports Science Junior CollegeまたはJunior College, Osaka University of Health and Sport Sciences[1])は、大阪府泉南郡熊取町野田1558-1に本部を置いていた日本私立大学である。2000年に設置。大学の略称は大体大短大部(だいたいだいたんだいぶ)。

大阪体育大学短期大学部
大学設置 2000年
創立 1989年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人浪商学園
本部所在地 大阪府泉南郡熊取町野田1558-1
キャンパス 熊取キャンパス
学部 介護福祉学科
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 大阪体育大学短期大学部には介護のエキスパートを育てる学科があり、「社会福祉原論」や「老人福祉論」、「介護実習」など専門職に必要な科目のほか「障害者スポーツ概論」や「レクレーション実技」等も学ぶ。専門科目はゼミナール形式となっている。

学風および特色編集

  • 大阪体育大学短期大学部は20世紀最後に開学された唯一の短大である。
  • 体育大学との交流が深く、短大卒業後その大学に編入学する学生も少なからずいる。

沿革編集

  • 1989年 大阪体育大学付属福祉専門学校として開校。
  • 2000年 大阪体育大学短期大学部開学。
    • 健康福祉学科:大阪体育大学付属福祉専門学校介護福祉科を発展改組。
    • 保健福祉学科
      • 保健福祉専攻
      • 精神保健福祉専攻
  • 2003年 健康福祉学科を介護福祉学科に変更
  • 2010年 介護福祉学科募集停止。
  • 2011年 閉学

基礎データ編集

所在地編集

  • 大阪府泉南郡熊取町野田1558-1

交通アクセス編集

象徴編集

  • 大阪体育大学短期大学部のカレッジマークは体育大学と同じものを使用している。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 介護福祉学科
過去にあった学科編集
  • 保健福祉学科:募集は2002年度まで。翌年度より大阪体育大学へ改組。
    • 保健福祉専攻
    • 精神保健福祉専攻

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし
取得資格について編集
資格
  • 介護福祉士:介護福祉学科にて取得できる。
  • かつての保健福祉学科保健福祉専攻では、社会福祉士、同学科精神保健福祉専攻では、精神保健福祉士それぞれの基礎受験資格が設定されていた。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 大阪体育大学短期大学部の学園祭は毎年、概ね10月に行われている。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 田口守隆:初代学長
  • 永吉宏英:現学長

施設編集

キャンパス編集

  • 大教室
  • 模擬面接室
  • 入浴実習室
  • 介護実習室
  • 家政学実習室
  • 図書室(短大独自のもの)
  • 診療所
  • 学生ホール
  • トレーニングルーム
  • 情報処理室

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 「大阪府障害スポーツ大会」や「スポーツフェスタ」へのボランティア参加などを行っている。
  • 公開講座が行われている。

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 健康福祉学科&介護福祉学科:特別養護老人ホーム養護老人ホーム、老人保健施設やケアハウスなど介護職に就く人が大半となっている。
  • 保健福祉学科
    • 保健福祉専攻:福祉ソーシャルワークに就き、実務経験をへて社会福祉士国家試験を受験する人が多い。主に老人福祉施設や障害者福祉施設など各種社会福祉施設社会福祉協議会に就職しているものとみられる。
    • 精神保健福祉専攻:福祉ソーシャルワークに就き、実務経験をへて精神保健福祉士国家試験を受験する人が多い。主に精神障害者関連の福祉施設などの社会福祉施設に就職しているものとみられる。

編入学・進学実績編集

関連項目編集

公式サイト編集

参考文献編集

出典編集