大阪商業大学硬式野球部

大阪商業大学硬式野球部(おおさかしょうぎょうだいがくこうしきやきゅうぶ)は、関西六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。大阪商業大学の学生によって構成されている。

創部編集

歴史編集

創部当初は阪神大学野球連盟に所属。1962年関西大学野球連合が結成され入れ替え戦制度がとられるようになり、同年秋に旧関西六大学野球連盟に昇格した。その後たびたび降格と昇格を繰り返していたが、70年代以降は村上博監督のもとで力を付けて黄金期を迎え、1975年にはエース斉藤明夫を中心に田中昌宏柳原隆弘といった選手たちが活躍し、旧関西六大学野球春季リーグにて初優勝、第24回全日本大学野球選手権大会準優勝を果たす。1976年の第25回全日本大学野球選手権大会でも準優勝、1977年にはエース山田和英を擁して第8回明治神宮野球大会初出場。

1982年に連合が解体した後は新生の関西六大学野球連盟に所属。同年には清川栄治川原新治の2枚看板で春秋連続優勝、第13回明治神宮野球大会にて準優勝を果たす。90年代以降たびたび最下位になるなど低迷期を迎えるが、富山陽一監督に交代し2013年の秋季リーグ戦にて近藤大亮桂依央利のバッテリーを擁して21年ぶりの優勝を果たした。直後の第11回関西地区大学野球選手権大会も制し[1]第44回明治神宮野球大会に31年ぶりに3回目の出場を果たしている。2015年には第64回全日本大学野球選手権大会にも24年ぶりに出場している。

2014年春季より2019年秋季までの12季中8季で優勝しており、また2018年秋季から2019年秋季にかけては連盟記録を更新する24連勝を記録した。現在、”一強時代”を築いている。

本拠地編集

  • 関屋グランド

記録編集

※2019年神宮大会終了時点

主な出身者編集

野球指導者編集

脚注編集

  1. ^ 第11回大阪市長杯争奪 関西地区大学野球選手権大会”. univbbl.web.fc2.com. 2020年2月12日閲覧。

外部リンク編集