大阪夕陽丘学園高等学校

大阪夕陽丘学園高等学校(おおさか ゆうひがおか がくえん こうとうがっこう)は、大阪府大阪市天王寺区にある私立高等学校2005年平成17年)までの旧名は『大阪女子学園高等学校』(女子校)で、明治末期に創立の大阪府立夕陽丘高等学校とは無関係。設置者は学校法人大阪夕陽丘学園。

大阪夕陽丘学園高等学校
Osaka Yuhigaoka Gakuen high school.JPG2014年平成26年〉3月撮影)
過去の名称 大阪女子学園高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人大阪夕陽丘学園
校訓 愛と真実
設立年月日 1948年昭和23年)4月1日
創立記念日 5月1日
創立者 里見純吉
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進I類コース
特進II類コース
英語国際コース
音楽コース
美術コース
文理進学コース
高校コード 27504C
所在地 543-0073

北緯34度39分37.4秒 東経135度30分44.3秒 / 北緯34.660389度 東経135.512306度 / 34.660389; 135.512306座標: 北緯34度39分37.4秒 東経135度30分44.3秒 / 北緯34.660389度 東経135.512306度 / 34.660389; 135.512306
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

校訓は「愛と真実」。校地は、系列の大阪夕陽丘学園短期大学と同じキャンパスにある。大阪市職員として大阪くらしの今昔館を運営した酒井裕一によると、校地は上方浮世絵浪花百景にも登場の江戸時代料亭「西照庵」(せいしょうあん)の跡地付近とされる[1]

全日制課程普通科のみだが、特進I類やII類、音楽、美術など6コース制となっている[2]

学則定員1,500名(1学年あたり500名)のマンモス校2020年令和2年)度の入学者は290名で、前年2019年度536名に比べ半減した[3]

もともと生徒指導に注力している学校だが、2004年平成16年)特進コース設置後、大学進学指導にも力を入れ始めた。補習など予備校講師による授業も受けられる(全コースで受講可能)。日本放送協会学園高等学校(NHK学園高等学校)の協力校にもなっている。

沿革編集

学園の創立者は、社長として大丸を近代的な百貨店に育て上げた里見純吉。ファッション・デザイナー養成機関の大丸洋裁研究所[4]を学園の源流として、太平洋戦争後に高校と短大が新設された。

年表編集

  • 1939年昭和14年) - 株式会社大丸元社長の里見純吉の発意にもとづき、大阪府堺市船尾[4]に「大丸洋裁研究所」設立
  • 1942年 - 大阪市天王寺区に移転。4月「大丸洋裁学校」に改称。9月、「大阪家政学園」に改称(高等女学校卒業者に、家政に関する学科・技能を教授[4]
  • 1943年 - 太平洋戦争の戦時要請により、保健婦養成施設に指定され「大阪女子厚生学園」と改称
  • 1946年 - 保健婦養成施設を厚生部とし(一般教養を教授)、文化部を新設(入学資格は高女卒、2年制[4]
  • 1947年 - 財団法人大阪女子厚生学園を設立
  • 1948年 - 学制改革に伴い、新制の高等学校大阪女子厚生学園高等学校」新設(定員150名[4]
  • 1950年 - 高校を「大阪女子学園高等学校」と改称。大阪女子厚生学園厚生部・文化部を廃止、『大阪女子学園短期大学』を設立(家政科・定員100名[4]
  • 1951年 - 財団法人大阪女子厚生学園を、学校法人大阪女子学園に組織変更
  • 2003年平成15年) - コース制を導入(新入学1年生から)
  • 2004年 - 特進文系コースを新設
  • 2005年 - 運営法人の改称(学校法人大阪夕陽丘学園)に合わせ、「大阪夕陽丘学園高等学校」と改称し男女共学化。特進理系コース新設

基礎データ編集

2020年令和2年)度の場合、入学者290名のうち、専願受験189名(専願率65%)で併願受験101名(併願率35%)。2019年度の場合、536名のうち専願298名(専願率55%)で併願238名(併願率45%)だった[3]

2021年度の募集人員は計360名(特進I類、音楽、美術は36名ずつ。特進II類と英語国際72名ずつ、文理進学108名[2])。

授業料などの費用は年118万円~127万円(2019年度実績[5])。

交通アクセス編集

鉄道編集

著名な出身者編集

大阪女子学園高等学校編集

芸能編集

そのほか関係者編集

大阪夕陽丘学園高等学校編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 今週の今昔館(189) 西照庵 20191113” (日本語). 酒井裕一 (2019年11月13日). 2020年11月1日閲覧。
  2. ^ a b 募集要項” (日本語). 大阪夕陽丘学園高等学校. 2020年11月1日閲覧。
  3. ^ a b 学校法人大阪夕陽丘学園 2019年度 事業報告書
  4. ^ a b c d e f 平成24年(2012年)4月 修文大学短期大学部 大阪夕陽丘学園短期大学 相互評価報告書
  5. ^ 入学時必要経費・奨学制度” (日本語). 大阪夕陽丘学園高等学校. 2020年11月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集