メインメニューを開く

大阪大学大学院医学系研究科・医学部

大阪大学 > 大阪大学大学院医学系研究科・医学部

大阪大学大学院医学系研究科(おおさかだいがくだいがくいんいがくけいけんきゅうか、英称:Graduate School of Medicine)は、大阪大学大学院に設置される研究科の一つである。また、大阪大学医学部(おおさかだいがくいがくぶ、英称:Faculty of Medicine)は、大阪大学に設置される学部の一つである。

目次

概要編集

大阪大学医学部は、1931年大阪帝国大学発足時に理学部とともに設立されたものである。国内初の官立病院として1869年に設立された大阪仮病院から始まっており、その源流は1838年緒方洪庵の作った適塾に求めることができる[1]。初代学部長には楠本長三郎が就いた。

沿革編集

  • 1838年天保9年) - 緒方洪庵によって蘭学塾「適塾」が設立される[1]
  • 1869年明治2年) - 大阪府が上本町の大福寺に仮病院と仮医学校を設立[1]
  • 1880年 - 仮病院と仮医学校を大阪府立大阪病院と大阪府立大阪医学校として正式に発足[1]
  • 1915年大正4年) - 大阪府立大阪医学校を大阪府立大阪医科大学へ改組(学長佐多愛彦。専門学校令準拠のまま改称、大学令による旧制大学ではない)[1]
  • 1919年 - 大阪医科大学に改称(大阪府立のまま改称、大学令に準拠の旧制大学となる)[1]
  • 1931年(昭和6年)- 大阪帝国大学医学部が発足[1]
  • 1947年 - 大阪大学医学部と改称[1]
  • 1955年 - 大学院医学研究科を設置[1]
  • 1993年 - 医学部保健学科設置、医学部・附属病院を中之島地区から吹田地区へ移転[1]

組織編集

学部編集

大学院編集

附属機関編集

  • 医学部
  • 医学系研究科附属
    • 共同研究実習センター
    • ツインリサーチセンター
    • 未来医療イメージングセンター
    • 最先端医療イノベーションセンター

著名な出身者編集

政界編集

経済界編集

学術編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 研究科の歴史”. 大阪大学大学院医学系研究科・医学部. 2019年7月11日閲覧。

外部リンク編集